FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

鹿児島の旅(89)乃木静子

鹿児島市甲突町の公園の一角に、乃木希典の妻・乃木静子の誕生地の碑と銅像があります。

IMG_9711 乃木静子

IMG_9705 乃木静子


IMG_9706 乃木静子

IMG_9707 乃木静子

1859(安政6)年~1912(明治45)年
乃木静子(旧名シチ)は、旧・塩屋村(現・甲突町)武の橋のたもとに薩摩藩奥医師、湯地定之の娘として生まれた。
湯地家は明治5年、東京に移り、明治11年に静子は乃木希典(後の陸軍大将、学習院長)のもとに嫁いだ。
乃木は、西南の役で連隊旗を敵軍に奪われて、軍人最大の恥辱をうけ、明治37年、八年戦役の旅順攻撃では苦戦し、多数の死傷者を出して、その作戦能力を批判する声があったにもかかわらず、深く信任された明治天皇に対する恩義を自分の生命をもってつぐなおうとして、天皇大葬の日に自決した。
妻静子は、堅苦しい夫、気むずかしいしゅうとめとの折り合いは悪く、しかも、子供は2人とも戦死して、その家庭は決して楽しいものではなかった。しかし、静子は家庭でも堅苦しく、軍人として批判をうけた夫の、人間としての誠実さを最もよく理解していた。
夫に従って、自分も死ぬことが良いか悪いかの判断をこえて、この夫との生活のほかには自分の生きる意味はないと思ったのであろう。夫の殉死(主君のあとを追って自殺すること)とともに自らの命を絶った。当時、その行動には褒めたたえる意見と批判する意見があったが、静子の死は武士社会の人間のあり方を示したものとして深い印象を与えた。
現在、武の橋の近くに誕生地の記念碑が建っている。
(「鹿児島市の史跡めぐり人物編」)

IMG_9710 乃木静子

IMG_9709 乃木静子

IMG_9708 乃木静子

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
*CommentList

鹿児島の旅(88)益満行靖誕生地の碑

甲南高校の東側の高麗本通り沿いに、益満行靖誕生地の碑があります。

IMG_9702 益満行靖

益満行靖は、江戸城総攻撃の際、山岡鉄舟を駿府総督府へ送る大役を務め、西郷隆盛との会見を成功させた益満休之助の弟です。

IMG_9703 益満行靖

行靖は、戊辰戦争に参戦し、後、陸軍大尉、中佐と昇進。

政府の命令で、ドイツで兵学の勉強に行きましたが、もう少しで卒業という時に病気にかかり、33歳で亡くなりました。

IMG_9704 益満行靖

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
*CommentList

鹿児島の旅(87)白熊の元祖「天文館むじゃき」

鹿児島に滞在名、「白熊」の元祖「天文館むじゃき本店」に行って来ました。

IMG_9733 天文館

鹿児島駅前から市電で7分、「天文館通」電停下車し、天文館アーケードを歩いて行くと、白熊のマスコット「むじゃきっこ」がお出迎えしてくれます。

IMG_9734 むじゃき

IMG_9734 白熊

「白熊」とは、氷に練乳をかけ、フルーツや豆類を盛り付けたかき氷の事をいいます。

当初は白蜜、赤蜜をかけたみぞれ、蜜かけのようなシンプルなかき氷だったのを、改良を重ね、独特のさっぱりとしたミルクに仕上げ、彩りを加えるために、さいころ形の果物や、十六寸(トロクスン)豆を入れ、外側に、アンゼリカ、チェリー、レーズンをトッピングしたところ、上から見ると、動物の白熊の表情に似ていることからその名前が付いたそうです。

IMG_9735 むじゃき

チョコレート白熊、ストロベリー白熊、プリン白熊、ヨーグルト白熊、抹茶白熊など、バラエティ豊富なメニューがありますが、私は一番シンプルな「白熊」を注文しました。

IMG_9736 むじゃき

変わり種として、芋焼酎を使ったシロップの「焼酎みぞれ」や、桜島をイメージした「南海の黒熊」なんていうのもありましたよ。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
25位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析