大阪市平野区の樋尻口地蔵堂向かいに安藤正次の墓あります。

IMG_4069 B

IMG_4075 B

IMG_4076 C

安藤次右衛門尉正次は徳川家の二千石の旗本で、御旗奉行として徳川秀忠に直属し、元和元(1615)年5月7日、大坂落城直前に秀忠の使者として前田利常、本多康紀両軍に、敵陣へ肉薄するようにとの命令を伝えました。
その際に、数騎の敵兵に出会い、首級を挙げたが自らも重傷を負い家来に助けられて撤退した。その活躍を秀忠に功名したと称されましたが、宿舎にしていた平野の願正寺に送られて療養していましたが、自分が再起不能だと分かって同月19日に自害しました。享年51歳、浄徳院釈了栄とおくり名されました。
五輪の墓塔は世子正珍が平野郷を囲む環濠の土居上に建てて、願正寺を菩提寺としました。元禄14(1701)年に曾孫定房が寄進された盥盤(くわんばん)は背面に正次の伝記体を記した他に例を見ない珍しいものである。
(案内板より)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
全興寺には首の地蔵尊が祀られています。

IMG_4033 B

IMG_4034 C

IMG_4035 B

これは、平野郷の樋之尻口(ひのしりぐち)という地にあった地蔵堂の本尊・地蔵菩薩のお首のことをいいます。

大阪夏の陣の際、真田信繁(幸村)が、徳川家康が立ち寄ると見られた陣地横の地蔵堂に爆薬を仕掛けて待っていました。家康は、予想通りここに立ち寄りましたが、たまたま席を立ったときに地雷が爆発したため、家康は助かりました。
しかし、地蔵尊のお首だけが、ここ全興寺の境内へ飛んできたというのです。

以来、家康の身代わりとの首の地蔵尊として、ここ全興寺に伝わっています。

IMG_4048 B

一願不動尊
IMG_4045 B

西国 三十三カ所石仏
IMG_4042 B

マニ車
IMG_4040 B

IMG_4041 B

マニ車の中にお経が納められていて、手でまわすと、お経を一巻お唱えするのと同じ功徳があるといわれています。

延命地蔵尊
IMG_4044 B

地獄堂
IMG_4059 B

IMG_4067 B

IMG_4064 B

IMG_4066 B

迫力ある閻魔大王が!

小さな駄菓子屋さん博物館
IMG_4038 B

IMG_4047 B

IMG_4046 B

昭和25年当時のおばあちゃんの部屋なのだそうですが、この日は閉館していました。

洞窟の中には水琴窟が

IMG_4050 B

IMG_4053 B

IMG_4056 B

全興寺から300m離れたところにある樋ノ尻口地蔵 

IMG_4077 B

IMG_4078 B

IMG_4079 C

IMG_4081 B

「中世、堺とともに自治都市として栄えた平野郷は、戦国時代には自治と自衛のため、濠と土塁をめぐらした、俗に「環濠集落」と呼ばれる形態をもっていた。
いま杭全神社の東北部と、赤留比売命神社(あかるひめのみこと)の背後にその面影を残している。
濠のあいだには大小十三の木戸口があり、摂河泉各方面へ道路が放射状に延びていた。
樋ノ尻口門は奈良街道や久宝寺、八尾につらなるもので、木戸としては大きい方であった。
門のそばにはいずれも地蔵堂や遠見櫓(とおみやぐら)、門番屋敷があった。この地蔵堂も樋ノ尻口門の傍らにあったもので、郷から外に出るときは一身の加護を祈り、外からの変事はこの入口で退散させようとした祈願のあらわれであろう。

大阪夏之陣の元和元年(一六一五)五月七日、徳川家康の樋ノ尻口通過を予測した真田幸村は、この地蔵堂内に地雷を仕掛け大坂城へ引き揚げた。予想通り家康が来て、ここで休息したが、ちょっと座を外したときに地雷が爆発し、危うく命拾いしたという伝説があり、現在全興寺に祀られている首地蔵は、このときの爆発で吹き飛んできた樋ノ尻地蔵の首と伝えられている。」

(案内板より)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
大阪府八尾市の常光寺は、 臨済宗南禅寺派の寺院、南禅寺塔頭金地院の末寺で、 通称は八尾地蔵尊といいます。

IMG_3810 常光寺

IMG_3814 仁王像

IMG_3815 仁王像

IMG_3813 八尾地蔵尊


IMG_3811 由緒

山門脇に大坂城の残石と「河内最古之音頭発祥地」の碑
IMG_3827 河内音頭

130cm角の方形の巨石の上部に一文字様の陰刻があり、横に「伝ヘ伝、此礎石ハ豊公大坂城造営ノ際ニオケル残石ナリトテ、茲ニ之レヲ用フルモノ也、明治39年建之、文字西郷有志者」と銘があり、 豊臣秀吉の大坂城築城の際の残り石といわれています。

その上に、元文部大臣塩川正十郎氏の書かれた「河内最古之音頭発祥地」という石碑が建立されています。

常光寺は、奈良時代に僧行基が創建したと伝えられています。
当初は「新堂寺」と呼ばれていました。

南北朝期に戦乱で寺は焼かれ、荒廃しますが、至徳2年(1385年)に土豪・藤原盛継により復興、翌年に地蔵尊・阿弥陀堂などを再建されました。

室町時代に足利義満から、自筆の 「初日山」「常光寺」 の額が納められ、常光寺と呼ぶようになりました。

1615年の大坂夏の陣・八尾の戦いでは、当寺を中心に藤堂高虎(徳川方)と長曽我部盛親(豊臣方)との決戦が行われましたが、この寺を以心崇伝が抱え寺としていてため、徳川家康が「寺を荒らすな」との制札を発して、心無い雑兵の乱暴を厳重に戒めたため、寺は被害も受けなかったそうです。

高虎は本堂の北の方丈の縁側に敵方の首級を並べて長曽我部方戦死者の首を廊下に並べ、首実検をしたといいます。後にその縁板を方丈の西廊下の天井として貼り替えたため、血天井と称されています。

そのとき討死した藤堂家家臣七一士の墓も、本堂後ろに並んでいるそうです。

本堂
IMG_3816 本堂

ちょうどこの時、本堂の改修工事が行われていたため、見学はできませんでした。

鐘楼
IMG_3817 鐘楼

楠正成の家臣・八尾別当顕幸が、当寺にあって大いに南朝のために尽したそうです。

その顕幸の墓は、現在も本堂横の墓地に残っています。

IMG_3825 八尾別当

寺伝によると、

多田満伸の子・賢快が初め、八尾別当職に任じられ、八尾僧正に称された。顕幸はその十世の孫で、八尾城主として権勢を持ち、後に楠木正成公の八臣の一の家来となり、大いに南朝方に尽した武士であり、権僧正でもあった。
正成の湊川戦死の後、顕幸は和田・恩智両氏と共に正成の子正行を助けたが、延元三年(1338)八尾城で病死し、この地に葬られたと伝えられている。

IMG_3824 八尾別当

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ