大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

User Tag [亀之丞 ]を含む記事一覧

亀之丞(井伊直親)ゆかりの地と桜守の旅(9)愛宕稲荷神社のエドヒガンザクラ

飯田市の愛宕稲荷神社は、文治年間、飯坂城主・坂西(ばんざい)由政が崇敬する伏見稲荷大神を勧請し、知久町の南端に奉祀したので、古来「由政稲荷」と称えられたのが始まり。文禄年間、飯田城主・京極高知が城下を整備する際、飯坂城跡で当時愛宕山地蔵寺の境内であった当地へ奉遷。愛宕稲荷神社と称するようになりました。鎌倉時代の仁治年間に清秀法印が境内に植えた清秀桜は、エドヒガンザクラで、樹齢は推定750年以上、飯田...

亀之丞(井伊直親)ゆかりの地と桜守の旅(8)桜丸御殿址に咲く夫婦桜

現在の県飯田合同庁舎東側の地には、飯田城本丸御殿の別棟として桜丸御殿が建てられていました。庭園には藩主・脇坂氏時代(1615~1672年)多くの桜が植栽され、御殿名の呼称となりました。桜丸御殿址に咲く巨木は、高さ約20m、幹周り約10m、推定樹齢400年の古木で、一見、1本の樹に見えますが、実はエドヒガンザクラとシダレザクラの2本の桜・夫婦桜が寄り添うように咲いています。 参勤交代の殿様夫婦が1年の別れを惜しんで愛でた...

亀之丞(井伊直親)ゆかりの地と桜守の旅(6)亀之丞の子孫が営む嶋田屋こうじ店

福姫の墓の見学後は、亀之丞のご子孫が営む嶋田屋こうじ店へ亀之丞は、市田郷の松源寺に匿われた10年余の間に、嶋田村(現飯田市松尾)の代官・塩沢権三郎の女との娘と恋仲になり、一子吉直をもうけます。吉直は母の実家の塩沢家で養育され、数代の後、飯田城下大横町に出て麹屋を創業。5代目から井伊氏を名乗り、吉右衛門を襲名。嶋田屋として麹屋を始め、飯田藩ご用達に。明治になり、9代当主・井伊清一郎は蘭学を志し、長崎へ行...

亀之丞(井伊直親)ゆかりの地と桜守の旅(5)織田信長と徳川家康の孫娘・福姫の墓(峯高寺)

峯高寺は、織田信長と徳川家康を祖父に持つ福姫(登久姫)の菩提寺です。境内には福姫の墓があります。飯田城主・小笠原秀政正室の福姫はの父は、「築山殿事件」で家康の命により遠州二俣城で自刃した松平信康。母は信長の娘・徳姫。祖母は、夫である家康の命で殺害された築山御前。築山御前の母は、井伊直平の娘。亀之丞とはいとこの間柄になり、築山殿の孫娘である福姫は井伊家の血筋でもあります。福姫は、天正4年(1576年)3月...

亀之丞(井伊直親)ゆかりの地と桜守の旅(4)信州たかもり温泉にて昼食

昼食は、「信州たかもり温泉」にて、「亀之丞御膳」をいただきました。いい!(井伊)五平餅 湯治そば 季節の天ぷら アルプスサーモンの御造り 市田柿といちだヨーグルト 五平餅や蒲鉾には、井伊家の家紋が入っています。すり鉢でくるみを擦って、甘めの味噌に混ぜ、これを五平餅につけていただきます。他にも直虎御膳、直親御膳があります。こちらをご覧ください。http://takamori-onsen.com/naotora売店には直虎グッズや直虎関連の...

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
29位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析