大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

User Tag [井伊直虎 ]を含む記事一覧

頭陀寺ゆかりの津毛利神社

頭陀寺にゆかりのある浜松市南区参野町の津毛利神社を参拝しました。なぜか欠けています(^_^;養老2(718)遠州灘の海難防除を願って、摂津の住吉大社から勧請されました。創建当時は海岸で、鳥居の前まで波が打ち寄せたといいます。その後開拓が進みました。本殿頭陀寺と津毛利神社頭陀寺はかつて天竜川下流にあった広大な「川匂荘(かわわのしょう)」の現地荘官として、四十六所明神(現在は津毛利神社と改称)とともに荘園の中核...

奥山方広寺の特別公開(2)おとわが修行した禅堂

禅堂は修行僧たちが坐禅修行に励む道場で、ドラマでは新井美羽ちゃん演じるおとわ(次郎法師)が修行するシーンが撮影されました。その時のパネルも飾られています。おとわちゃんが座ったのは、正面に向かって右側の一番奥。この辺りだそうです。 禅僧の一日自然に囲まれた奥山方広寺の中でも、最も静寂を感じる場所。窓から自然光が入り、とても心地良さそうです。この日は、気温が高い日でしたが、ここは涼しく感じました。こん...

奥山方広寺の特別公開(1)明治天皇行在所

「おんな城主 直虎」のロケ地となった奥山方広寺の「禅堂」「明治天皇行在所」が、期間限定で公開されています。特別公開の場所へ行くには、この百八階段を通っていきます。明治天皇行在所は、明治初年の御遷都御東上の際、新井宿にて明治天皇が宿泊された建物を移築したものです。美しい庭園渡り廊下を通って、禅堂へ。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記...

掛川城御殿

掛川城御殿は、儀式・公式対面などの藩の公的式典の場、藩主の公邸、藩内の 政務をつかさどる役所という3つの機能を合わせ持った施設です。掛川城御殿 は二の丸に建てられた江戸時代後期の建物で、現存する城郭御殿しては、京都 二条城など全国で4箇所しかない貴重な建築物です。   書院造りと呼ばれる建築様式で、畳を敷き詰めた多くの部屋が連なり、各部屋 は襖で仕切られています。当初は本丸にも御殿が作られましたが、老朽化...

駿府城(1)東御門

14世紀に室町幕府の駿河守護に任じられた今川氏によって、この地には今川家の居館(今川館)が築かれ、今川家の居城となっていました。今川氏は隣接する甲斐国の武田氏、相模国の後北条氏と同盟を結び領国支配を行いましたが、16世紀には武田氏との同盟関係が解消され、武田氏の駿河侵攻により、居館は失われてしまいました。その後、武田氏は1582年(天正10年)に織田・徳川勢力により滅亡し、駿河の武田遺領は徳川家康が領有する...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー