FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

User Tag [島津斉彬 ]を含む記事一覧

島津久光が移り住んだ鶴丸城二の丸跡

鹿児島城は、屋形の形状が鶴が羽を広げたようであったことから別名「鶴丸城」と呼ばれています。1601年(慶長6年)に島津忠恒(家久)により築城され、以後廃藩置県まで島津氏の居城でした。1874年(明治7年)に焼失したのちは再建されず、現在は本丸跡に鹿児島県歴史資料センター黎明館、二の丸跡には鹿児島県立図書館、鹿児島市立美術館、鹿児島県立博物館などが建っています。鹿児島県立図書館(画像:Wikipediaより)鹿児島市立...

照国神社に建つ島津久光の銅像

鹿児島の照国神社の敷地に、島津家第28代当主・島津斉彬の弟で、第29代当主・忠義公の父である島津久光の銅像が建っています。島津久光は島津家第27代斉興の第五子として文化14年(1817年)、鹿児島城(鶴丸城)に生まれました。第28代島津斉彬の異母弟にあたり、斉彬の遺言で久光の子の忠義が藩主になると、「国父」として藩政の実権を握り、忠義を後見しました。文久2(1862年)、斉彬の意志を継ぎ、藩政改革を志して、千人の兵を率い...

島津斉彬が勝海舟と面会した望嶽楼

鹿児島の仙巌園の望嶽楼は江戸時代初期に琉球王国から薩摩藩に贈られたと伝わるものです。その名の通り、桜島(嶽)を眺(望)めるためにつくった東屋(楼)。桜島が美しく見える場所に建てられています。床に敷かれた塼(せん)とよばれる273枚の敷き瓦が、中国秦時代(紀元前3世紀)の阿房宮のものを写したといわれ、内部に掲げられた扁額は、中国東晋時代(4世紀)の書家・王羲之の書を模したものと伝えられています。安政5年(1...

鹿児島の旅(22)仙巌園・尚古集成館

仙巌園に隣接する尚古集成館は、島津家関連の資料のほか、集成館が操業していた頃の様子をわかりやすく紹介する歴史資料館です。島津斉彬は、西欧諸国のアジア進出に対し、軍事に加え、産業の育成を進め、富国強兵を真っ先に実践。それら事業の中心となったのが、工場群「集成館」です。もともと薩英戦争後の慶応元(1865)年に磯に建てられた機械工場で、現存する最古の洋風工場建築物です。当時ここで金属加工や、船舶、蒸気機関の...

鹿児島の旅(21)仙巌園・鶴嶺神社

鶴嶺(つるがね)神社仙巌園の中に鎮座する島津氏の先祖を祀る為に明治2年(1869年)に創祀された神社。島津氏初代・島津忠久以降の歴代当主とその家族、及び分家筋の玉里家歴代当主とその家族が祀られています。歴代当主を祀ることから、不仲であったとされる島津斉興と島津斉彬父子も共に祀られています。西南戦争の際、島津家は中立を保っていたにもかかわらず、当神社は官軍の強奪被害に遭い、多数の貴重な文化財を失いました...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
26位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析