大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

User Tag [徳川家康 ]を含む記事一覧

豊橋の旅(5)吉田城争奪戦

吉田城の縄張りは豊川と朝倉川を背に本丸を基点として二の丸・三の丸を前面と側面に配した半輪郭式の「後堅固の城」というものです。ただし、河川を背にし、本丸を直接攻撃されやすい弱点もあるため、本丸背後に腰曲輪を設け、石垣も高くしています。 城域は、東は現在の飽海町から旭町、南は曲尺手町から呉服町、西は関屋町に及ぶ広大なものでした。 隅櫓(鉄櫓)本丸には1954年(昭和29年)に隅櫓(鉄櫓)が模擬再建され、中は資...

井伊直親の娘・高瀬姫

松源寺は、井伊直虎の許婚である亀之丞(井伊直親)が今川氏から命を狙われ、松岡氏の庇護のもと匿われた寺です。松源寺が創立されたのは、永正8年~10年頃(1511~1513)とされ、開基は松岡城主・松岡貞正、開山は貞正の実弟・文叔瑞郁禅師。当時の寺は、牛牧村の寺山に建てられました。その後、消失、移転、再建を繰り返し、現在の本堂は明治33年(1900)に再建されたものです。山門は、江戸時代中ごろ大風で倒壊しましたが、残っ...

豊橋の旅(3)安久美神戸神明社 家康の腰掛け松

安久美神戸神明社(あくみかんべしんめいしゃ)天慶3(940)年、平将門の乱平定の報賽として、朱雀天皇より伊勢神宮に三河国の飽海荘(あくみのしょう)が寄進され、その際、伊勢神宮祭主の庶流大中臣基守がこの地の司として赴き、天照皇大神を奉斎して地域の繁栄を祈願したのが当社の始まりと伝えられています。当社の社名は、この地域「安久美(あくみ)」の「神戸(かんべ・伊勢神宮の神領地)」に創建された「神明社(しんめい...

豊橋の旅(2)吉田神社

愛知県豊橋市関屋町2番地にある吉田神社。古くは天王社・牛頭天王・吉田天王社と称した古社で、スサノオノミコトを祀り、源頼朝、今川義元、徳川家康らの多くの武将たちから崇拝を受けました。その中でも源頼朝が深く崇拝したことから、頼朝公の行列を再現した神輿渡御(みこしとぎょ)が天王祭として誕生したのが、豊橋の祇園祭の起源とされています。治承2(1178年)頼朝が伊豆に配流の途上、雲谷の普門寺に逗留した折、鈴木十郎...

一日フリー乗車券で行く井伊直虎ゆかりの地(3)遠鉄ぶらり切符の旅 ・直虎&家康ゆかりの地めぐり

最終日の三日目は、再び遠鉄ぶらり切符を使っての旅です。参加者の皆さん、かなりお疲れのようなので、三日目は軽めに立てました。私のオリジナルプラン 直虎・家康ゆかりの地めぐり「浜松駅」8:17発→8番のりば 「頭陀寺」→松下邸・頭蛇寺「頭陀寺」→「浜松駅」13番のりば →「浜松城公園入り口」→元城東照宮→浜松城→普済寺→西来院→宗源院→「広沢小学校」→ 8番バス 「医療センター」→太刀洗の池→「医療センター」 9番バス 「根上が...

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
29位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析