大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

User Tag [徳川家康 ]を含む記事一覧

家康軍が滞在した奥山方広寺(3)「井伊家・奧山家と方広寺」の特別展

今年の5月、「井伊家・奧山家と方広寺」の特別展が開催されていました。井伊直政の母井伊直虎井伊直親井伊直政ここからは常設展です。利休像聖徳太子像役行者像にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします!歴女日記 ブログランキングへ...

家康軍が滞在した奥山方広寺(2)

勅使門の奥に開山堂が建っています。勅使門開山・無文元選(円明大師)は、元亨3年(1323)2月15日、後醍醐天皇の皇子として、京都において誕生されました。母は昭慶門院。父の後醍醐天皇が崩御した翌年の1340年に建仁寺で出家し、明窓宗鑑・雪村友梅などに師事。1343年、中国の元に渡ることを志し、博多聖福寺の無隠元晦(むいんげんかい)に参禅。その後元に渡り福州大覚寺で古梅正友に参禅し、各地を巡拝。日本に帰国した後は、...

家康軍が滞在した奥山方広寺(1)

湖北五山の一つ、奥山方広寺は、井伊直政の母(奥山因幡守朝利の娘)の出身である奥山家ゆかりの寺、臨済宗方広寺派の大本山です。南北朝時代の建徳2年(1371)に後醍醐天皇の第11皇子・無文元選禅師(むもんげんせんぜんじ)(開山)が、当地を治めていた奥山六郎次郎朝藤(おくやまろくろうじろうともふじ)(開基)に土地と建物を寄進されたことによって開かれました。奥山家はもともと井伊家の縁戚であり、開基から11代目の奥山...

井伊谷三人衆 菅沼 忠久の供養塔

井伊谷三人衆(いいのやさんにんしゅう)は、永禄11年(1568年)末に徳川家康が遠州攻めを行った際に今川氏真から徳川方へ離反した菅沼忠久、近藤康用、鈴木重時の3人のことをいいます。浜名湖の沿岸の領主たちは、今川氏への忠誠心が比較的強かったため、家康は遠江侵攻の障害となることを危惧し、事前に、東三河の菅沼定盈(さだみつ)を使って懐柔工作に動きました。野田城を拠点とした定盈は一時今川家に仕え、その後、松平家...

龍雲丸のモデルは新田友作か?気賀の龍雲寺

柳楽優弥さんが演じる龍雲丸は、ドラマのオリジナルキャラということですが、モデルになった実在の人物が新田友作ではないかという噂があります。先日参加した直虎の講座でも、講師の方がたぶんそうであろうとおっしゃっていました。堀川城主であった新田友作は、落城後は剃髪して法休と名乗り、堀川城の戦いで亡くなった人たちの菩提を弔っていましたが、慶長11年、徳川方に捕らえられ、処刑されました。ドラマではどのような展開...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析