大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

User Tag [西郷隆盛 ]を含む記事一覧

鹿児島の旅(7)島津本宗家の菩提寺・福昌寺の島津斉彬の墓

福昌寺は、応永元年(1394年)、島津氏第7代当主島津元久が一族出身の僧・先に妙円寺 (日置市)を建てた石屋真梁を開山として招いて建立され、その後代々の島津氏当主の墓が建てられるようになり島津本宗家の菩提寺となりました。天文15(1546)年、忍室和尚の時には、後奈良天皇の勅願寺となり、同18(1549)年にキリスト教を伝えたザビエルが鹿児島滞在中、忍室和尚と宗教上の問答を行ったところでもあります。江戸時代の『三国名勝図...

鹿児島の旅(6)探勝園の島津斉彬の銅像

照国神社の横にある二の丸庭園であった探勝園は、島津家第25代当主・重豪のときにつくられ、はじめは千秋園と呼ばれていました。27代当主・斉興の時代に手を加え探勝園と名づけられました。探勝園の中に、島津斉彬、弟・久光や甥・忠義の銅像があります。島津斉彬の銅像この像は1917年(大正6年)に彫刻家の朝倉文夫氏によって作成されたものです。幕末の鹿児島藩主。号は惟敬・麟洲、謚号を順聖院。斉興の子。藩政改革・富国強兵...

鹿児島の旅(5)島津斉彬を祀る照国神社

西郷隆盛の銅像から徒歩で照国神社へ。ここは歩いて数分で行けます。参道入り口にたつ鳥居は、昭和4年(1929)の建設で、昭和3年(1928)の御大典を記念して建てられたもので、高さが19.8mもある大鳥居です。祭神は、薩摩藩第11代藩主、島津家28代当主・島津斉彬。島津斉彬は、安政5年(1858年)7月に50歳で急逝。文久2年(1862年)に祭神の遺志を継いだ弟・久光と甥・忠義が鹿児島城内西域の南泉院郭内に祭神を祀る社地を選定し、...

鹿児島の旅(4)西郷隆盛の銅像

カゴシマシティビュー「西郷銅像前」で下車。すると、城山の麓に立つ軍服姿の西郷隆盛の銅像が目に飛び込んできます。西南戦争で新政府軍と戦い敗北し、この城山の地で自刃した西郷どん。没後50年祭記念として鹿児島市出身の彫刻家で渋谷の「忠犬ハチ公」の制作者・安藤照が8年をかけ製作し、昭和12年(1937年)5月23日に完成した銅像です。手前の公園には綺麗に花が植えられ、観光客の記念撮影のスポットとなっています。手前に...

鹿児島の旅(3)西郷どん大河ドラマ館

維新ふるさと館から西郷どん大河ドラマ館へ。ここも、カゴシマシティビューの停留所になっています。大河ドラマ館では、西郷家・大久保家をイメージした撮影セットの一部再現や、鹿児島ロケのメイキング映像の上映、プロジェクションマッピングを活用したクイズコーナー、ドラマで実際に使用された小道具や衣装の展示など、大河ドラマの世界観を体験できます。館内は、撮影OKのところとNGのところがあります。プロローグドラマを象...

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
25位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析