fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

User Tag [軍師官兵衛 ]を含む記事一覧

伏見城下を古地図で散策

のことですが、伏見の武家屋敷の古地図を買いに伏見区桃山まで行ってきました。伏見城を中心に全国各地の武将の屋敷や街道、河川を描いた伏見町誌付図「豊公伏見城ノ圖」です。この地図は、文禄3年(1594年)の伏見城が完成した当時に作られた地図なのだそうです。これは、桃山時代、大名屋敷が立ち並んだ伏見城城下町の地図を、京都市伏見区の郷土史家の藤林武さんが伏見町誌付図「豊公伏見城ノ圖(ず)」を基に作り上げた地図で...

備中高松城(7)水攻め堰堤址(蛙ヶ鼻)

自転車で走っていると、大きな鳥居が現れました。京都・伏見と並んで日本三大稲荷の一つに数えられる最上稲荷の参道入口の大鳥居です。昭和47年(1972)に建立された高さが27.5m、柱の直径4.6m、重さは2,800トンあるといわれる鉄筋コンクリート製で、昭和57年まではずっと日本一の規模を誇っていたそうです。ここから山道を登って行くと、秀吉が腰掛けていたとされる太閤岩があります。(この日はスキップしました)水攻め堰堤跡・蛙...

備中高松城(6)清水宗治自刃之跡

ごうやぶ遺跡の近くに、清水宗治公自刃之跡があります。顕彰の記 天正10年6月4日  浮世をば 今こそ渡れ武士の名を 高松の苔に残して と辞世の句を詠じて自刃せられたる高松城主清水長左衛門宗治公の至誠を後世に伝え怨親平等正邪一如の見地より両軍戦没者の霊を併せ弔らはんが為め瀬野妙光大法尼は十方有縁の士を結集して昭和38年5月8日此の地に大供養塔を建立し開眼法要を営む。 茲に大法尼の遺徳をたたえ後孫及び同志相はかり...

備中高松城(5)ごうやぶ遺跡

ごうやぶ遺跡は、田んぼの真中に柵で囲ってあるところです。死出の清水宗治の舟を追って、僕たちが「一足お先に三途の川で待っています」と言って刺し違えたといいます。もうひとつ古い案内板がありました。FC2ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキングに参加しています。ご協...

備中高松城(4)清水宗治の胴塚 

中断してしまいましたが、備中高松城の記事の続きです。本丸跡から少し北へ進むと、住宅街の中に「胴塚」があります。清水宗治の首無き胴体を手厚く葬った後、船上で宗治の介錯を行った家臣が、自ら首を斬って自刃し、亡き主人の後を追ったいいます。FC2ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析