大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

User Tag [NHK大河ドラマ ]を含む記事一覧

可睡斎(1)徳川家康が名付けた可睡斎

袋井市久能にある可睡斎は、室町時代初期、応永年間(1394年 - 1428年)に恕仲天誾(じょちゅうてんぎん)禅師によって開山され、万松山東陽軒と名付けたのが始まりとされています。十一代仙麟等膳和は、幼い徳川家康とその父を戦乱の中から救い出し岡崎城に送ったことがあり、後に浜松城主になった家康が、永禄11年(1568)報恩の為に等膳和尚を城に招きました。その席で、コクリコクリと無心に居眠りをする和尚を見て、家康はに...

興津と塩の道

興津という地名は、興津の宗像神社祭神の興津島姫命(おきつしまひめのみこと)がこの地に住居を定めたことからとの説、また平安末期から興津氏が居住していたのでその名を地名にしたとの説もあります。昨年の夏、興津~静岡をまわってきました。興津宿には本陣が2軒ありました。興津宿東本陣跡東本陣は、教敬山耀海寺を開いた市川法清を祖にもつ市川家が務めました。興津宿西本陣跡西本陣は手塚家が務めました。寛永12年(1635年)...

森町の極楽寺(あじさい寺)(2)

赤い橋を渡って、極楽寺の本堂へ。本堂子安延命堂この御堂の天井は絵馬天井となっており、堂内には12年に1度、申歳の6月の一ヶ月間だけ御開帳される子安延命地蔵尊(聖徳太子作)、遠州七福神寿老尊天、遠州ぽっくり様などの仏像がまつられています。二俣城主・近江守昌長のゆかりの寺でもあり、 町の文化財「石ずりの戸」が残されており、 3枚の戸板に松が墨で描かれています。(堂内は撮影禁止)これは、徳川家康の嫡男・松平(徳...

蓮華寺

静岡県周智郡森町の蓮華寺は、慶雲元年(704年)文武天皇の勅願により行基が開創したと伝えられる学問の寺です。円仁・慈覚大師が天長8年(831年)に一山三十六坊を建立、七堂伽藍の整備を行い観音堂を建立。これに伴い天台宗に改宗。法然上人が、阿闍梨上人を訪ねた際、この辺り一面に咲いた萩の花を見て、これはまさに萩の寺だと言ったことから「萩の寺」とも呼ばれています。戦国時代に武田の兵火により永禄年間に焼失。元亀2年...

小國神社(3)家康の立上がり石

家康公の立ちあがり石徳川家康が、三方原合戦の前年、元亀三年九月願文と三条小鍛冶宗近の太刀を当社に奉りて開運を祈願し、大正2年4月、犬居城攻略の際に参拝し、この石に腰かけて休息されたとされているそうです。小國神社には、いくつかのパワースポットがあるのです。金運・良縁のパワースポット金銀石この石を撫で、願をこめながら松の幹を撫でれば、金運、良縁に恵まれるという言い伝えがあるそうです。願掛け松にほんブログ...

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析