大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [未分類 ] 記事一覧

木屋町通の幕末維新の史跡(2)

佐久間象山・大村益次郎遭難之碑三条木屋町の高瀬川の橋の東側に、「佐久間象山先生・大村益次郎卿遭難之碑」の道標があります。佐久間象山 大村益次郎 遭難之碑佐久間象山は信州松代藩出身で、儒学や朱子学を修め、西洋科学の導入で日本の殖産興国に尽力しました。彼の塾からは、勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬ら傑物を排出しています。元治元年(1864)に上洛し、開国論を唱えて公武合体に努めた為同年7月11日に刺客に惨殺されまし...

木屋町通の幕末維新の史跡(1)

京都の高瀬川に接する木屋町通は、諸藩の武士達が集結したところであり、この一帯に拠点を置いて、密議を交わしていたといいます。そのため、坂本龍馬や桂小五郎らの潜居跡や石碑などがあちこちに立っており、大村益次郎や本間精一郎、佐久間象山などが殉難しています。本間 精一郎は、越後国三島郡寺泊(現新潟県長岡市)出身の勤皇の志士。早くから江戸や京で学び、尊王攘夷の思想に目覚める。本間は故郷越後から江戸に出て清河...

紀尾井坂と井伊家中屋敷跡

紀尾井坂(きおいざか)は、東京都千代田区にある坂で、江戸時代における正式名称は「清水坂」とよばれていました。当時周辺一帯には大名屋敷が多くあり、清水坂の南側に紀州徳川家(現在は清水谷公園やグランドプリンスホテル赤坂)、北側には尾張徳川家(現在は上智大学)、彦根藩井伊家(現在はホテルニューオータニ)の屋敷がありました。江戸の住人たちは、三家があった坂道であるところから、紀伊徳川家の「紀」、尾張徳川家...

秋の久留女木の棚田

秋の稲刈り前の久留米木の棚田が見たくなって再度出かけてきました。その中に約800枚の田んぼがあるといわれ、その美しい景観は「日本の棚田百選」や「静岡県景観賞」にも選定されています。以前訪ねた時と違って、見事に育った稲で、一面美しい緑に覆われていました。棚田の起源は平安時代とも言われていますが、井伊直虎の祖父、曾祖父の時代に、井伊家の庇護を得て開墾が進んだと考えられており、現在も、井伊家の家臣の末裔が...

清見寺(2)本堂

それでは、清見寺の中を見学していきましょう。清見寺には朝鮮通信使が書いた、漢詩、扁額、絵画や、琉球通信使による扁額が残されています。朝鮮通信使とは、李氏朝鮮時代(1392から1910年までの朝鮮半島の王朝)の使節で、主には江戸期に行われたものを指します。清見寺は対馬から江戸間の宴席、休み処として使用されました。琉球通信使扁額なんとここで、梶原景時に関するものが・・・血天井これについては、改めてしずかblogで...

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
26位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析