FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [未分類 ] 記事一覧

上野恩賜公園の小松宮彰仁親王像

上野恩賜公園と言えば、西郷どん(西郷隆盛)の銅像が有名ですが、小松宮彰仁親王の(こまつのみや あきひとしんのう)騎馬像もあります。小松宮彰仁親王伏見宮邦家親王第8王子。妃は、旧久留米藩主有馬頼咸の長女頼子。 明治維新時には三職のうち議定となり仁和寺宮 嘉彰親王( にんなじのみや よしあきしんのう)と名乗っていました。仁和寺宮嘉彰時代の写真(中央の人物)安政5年(1858年)、仁孝天皇の猶子となり、親王宣下を受...

寛永寺 清水観音堂

上野公園内の西郷隆盛銅像の近くに清水観音堂があります。清水観音堂は、寛永8(1631)年に天台宗東叡山寛永寺の開山、慈眼大師天海大僧正(1536~1643)によって建立されました。天海大僧正は寛永2(1625)年に、徳川秀忠から寄進された上野の山に、平安京と比叡山の関係にならって「東叡山寛永寺」を開き、比叡山や京都の有名寺院になぞらえた堂舎を次々と建立しましたが、清水観音堂は京都の清水寺(きよみずでら)を見立てたお...

上野恩賜公園の彰義隊の墓

新政府軍に敗退した彰義隊266体の遺骸は、官許を得た円通寺の仏磨和尚寛永寺の御用商人であった三河屋幸三郎によって火葬され、荒川区の円通寺に合葬されています。上野恩賜公園の彰義隊の墓は、埋葬場所でなく、火葬された場所です。彰義隊明治維新期,旧幕臣が編成した反政府集団。慶応4 (1868) 年4月江戸城は平和裡に東征軍 (官軍) に明渡されたが,江戸には鳥羽・伏見の敗戦以来,官軍に対する徹底抗戦を叫ぶ旧幕臣が,同年2月...

円通寺 寛永寺から移築した黒門~彰義隊士の墓

東京都荒川区南千住の円通寺。寺伝によれば、延暦10年(791年)、坂上田村麻呂によって開かれたと伝えられています。巨大な観音像明治維新の折、慶応4年(1868年)の戊辰戦争(上野戦争)で亡くなった彰義隊の隊員を現在上野公園の西郷隆盛像があるあたりで、当寺の住職が火葬を行いました。そのため、当寺には火葬を行った場所の近くにあった上野寛永寺の総門(黒門)が移築され、彰義隊士の墓もあります。黒門慶応4年(1868年)5月15日...

寛永寺旧本坊表門(輪王殿)

東京上野の寛永寺の輪王殿の手前に、東京国立博物館敷地から移築した寛永寺旧本坊表門が建っています。この重要文化財の表門(黒門)は、平成22年11月から保存修理が行われ、江戸時代の姿に蘇りました。現在の上野公園の敷地には江戸時代、寛永寺の堂塔伽藍が、整然と配置され、表門は、寛永期に寛永寺本坊の表門として、東京国立博物館正門の位置に建てられました。慶応4年の戊辰戦争(上野戦争)では、本坊の他多くの伽藍がこと...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
31位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析