大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [淀殿 ] 記事一覧

三宝寺の淀殿・豊臣秀頼・国松丸の供養塔

京都市右京区鳴滝松本町にある三宝寺(三寶寺)は、寛永五年(1628年)、右大臣菊亭(今出川)経季と中納言今城(冷泉)為尚が、後水尾天皇の内旨により、中正院日護上人を開山に迎え創建し、山号は後水尾天皇より賜わったと伝えられています。この長い階段を上っていくと、豊臣秀頼、淀殿、国松丸の供養塔があります。縁結びの塔豊臣秀頼、淀君、国松丸の供養塔で、いつの頃からかこの塔をなでさすり願えば良縁を得、早く嫁ぐことが...

太融寺(大阪) 淀殿の墓

JR大阪駅から東へ10分ほど歩くと、太融寺があります。当寺は弘仁821(12)年、この地に弘法大師が嵯峨天皇の勅願により、創建されました。ご本尊の千手観世音菩薩は、嵯峨天皇の念持仏を下賜され、天皇の皇子・源融が、この地に八町四面を画して、七堂伽藍を建立し、浪華の名刹と称されてきました。太融寺の名は、源融に由来しています。源融公旧跡1615(元和元)年の大坂夏の陣で焼失し、その後も再興と焼失を繰り返しました。淀殿...

淀殿を祀る生国魂神社の鴫野神社

大阪の谷町9丁目駅から徒歩5分ほどのところにある生国魂神社(いくたまじんじゃ)この社名、初めは「いくくにたまじんじゃ」と読んでいました(汗)生魂(イクタマ)とは、生まれたばかりの魂という意味があるそうです。社伝によれば、神武東征の際、神武天皇が、生島神・足島(たるしま)神を、現在の大阪城付近に祀ったのに始まると伝えています。戦国時代には、石山本願寺に隣接していたため石山合戦で焼失。天正11年(1583年...

丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ) 淀殿が寄進した太鼓橋

和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野にある丹生都比売神社は、全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社で、「天野大社」「天野四所明神」とも呼ばれています。境内入口にある太鼓橋は、淀殿の寄進と伝わり、舞楽曼荼羅供の装束にも描かれているそうです。「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録されています。空海が金剛峯寺を建立する際、丹生都比売神社が神領を寄進したと伝えられ、神社背後...

聚楽第落首事件

豊臣秀吉は、天正16年(1588年)京の東山で、方広寺大仏殿の建立を開始しました。秀吉は、農民に武器の所有を禁じる刀狩令を発令。没収した武器類は、方広寺大仏殿の材料とすることが名目でしたが、実際は一揆を防ぎ、国の治安維持をはかるための兵農分離政策でした。そして、秀吉の側室となった茶々は、秀吉の子を懐妊。多くの側室を持ちながらも、なかなか子宝に恵まれなかった秀吉は、茶々の懐妊に大喜び!なんと、茶々の出産の...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー