大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [井伊直弼 ] 記事一覧

彦根城築城410年祭(8)井伊家伝来の名宝「幽玄の美」~「数奇の世界」

「幽玄の美」能面・能装束・小道具など が展示されています。「数寄の世界」井伊直弼自作の花生直弼自作の蓋置これらの展示からも、直弼がいかに多趣味で教養があったかがわかりますね。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキングに参加しています。ご協力お願いしますm(__)m歴女日記 ブログランキングへ...

彦根城築城410年祭(6)彦根城博物館~大老・井伊直弼の職務

続いて、彦根城博物館へ「大老・井伊直弼の職務」というテーマ展が開催されていました。直弼は、体調不良で休んだ以外は、ほぼ毎日江戸城に登城し、江戸城からの帰邸が夜中になることもあったと。これらの資料から、大老としての職務がいかに激務だったのかがうかがえます。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキングに参加しています。ご協力お願...

豪徳寺・井伊直弼の墓

豪徳寺は、世田谷区豪徳寺にある曹洞宗の寺院で、招き猫発祥の地とされています。文明12年(1480年)、世田谷城主・吉良政忠が伯母・弘徳院のために建立した「弘徳院」が前身とされています。当初は臨済宗に属していましたが、天正12年(1584年)曹洞宗に転じました。寛永10年(1633年)彦根藩主・井伊直孝が井伊氏の菩提寺として伽藍を創建し整備しました。寺号は直孝の戒名である「久昌院殿豪徳天英居士」によるものです。仏殿本...

桜田門外の変「江戸城桜田門」

桜田門は、江戸城(現在の皇居)の内堀に造られた桜田堀と凱旋堀の間にある門です。昭和36年(1961年)に「旧江戸城外桜田門」として国の重要文化財(建造物)に指定されました。江戸城には内桜田門と外桜田門の2つがあり、前者は桔梗門とも呼ばれ、単に「桜田門」という場合には後者を指すことが多いそうです。安政7年3月3日(1860年3月24日)にこの門の近くで、水戸藩からの脱藩者17名と薩摩藩士1名が彦根藩の行列を襲撃、大老・...

彦根・清凉寺

滋賀の清凉寺は、佐和山の麓にある曹洞宗の寺院です。山門佐和山城の城門を移築したものです。 1602年、井伊直政の死去に伴い、井伊直孝が墓所として創建しました。後に第15代藩主となった井伊直弼は、父の影響で、幼少期から仏道に関心をもち始め、清凉寺で13歳ごろから禅の修養を始めたたといいます。参禅道場には、直弼が使っていた座禅を組むための椅子が遺されています。17歳からは当時の住まいであった埋木舎に座禅の間を設...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
29位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー