fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [坂本龍馬 ] 記事一覧

幕末維新ゆかりの地(11)京都霊山護国神社 坂本龍馬・中岡慎太郎の墓

ここからは有料ゾーンです。100円を入れて入場。階段を上がって行くと坂本龍馬・中岡慎太郎の墓があります。坂本龍馬・中岡慎太郎の最期 徳川慶喜大政奉還劇の大作者である坂本龍馬は、洛中においては河原町三条下る材木商酢屋嘉兵衛方に寓居していたが、遭難10日前に醤油商近江屋新助方に転居した。 坂本龍馬は、当時、最も幕府側から狙われていた志士で、新撰組・見廻組らの追及が急となり、藩邸の堀内慶助らの気遣いから近江屋...

幕末維新ゆかりの地(10)京都霊山護国神社

維新の道を歩いて辿り着いたのが京都霊山護国神社です。1868年6月29日(慶応4年5月10日)、明治天皇の命で、幕末維新期に国事に奔走しながらも命を落とした志士たちの霊を祀るために、京都の公家や山口・高知・福井・鳥取・熊本などの諸藩が、京都の霊山の山頂にそれぞれの祠宇を建立したのが神社創建のはじまりで、明治元年5月に官祭招魂社とされました。靖国神社より古い歴史を持っています。昭和14年、京都霊山護国神社と改称さ...

幕末維新ゆかりの地(9)維新の道

東大路通りから京都霊山護国神社へ向かう道を維新の道といいます。坂を上りきったところに、維新の志士たちが眠る京都霊山護国神社があります。この坂、なだらかに見えますが、歩くと結構きついです(^_^;)春には桜が参道を彩ります。FC2ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキン...

久坂玄瑞に会いに来た坂本龍馬

安政6(1859年)、吉田松陰の江戸移送後、久坂玄瑞は松下村塾を復活させ、勉強会には元塾生を大勢参加したといいます。師の悲惨な最期がきっかけとなり、玄瑞は、医者の道を諦め、松陰の志を受け継いでいくことを決心します。入江九一に宛てた手紙には「先師の非命を悲しむ事、無益なり。先師の志を墜さぬよう肝要なり。」と前向きな気持ちを書いています。玄瑞は、まるで松陰の「僕は忠義をするつもり、諸友は功業をなすつもり。」...

幕末維新ゆかりの地(7)坂本龍馬・中岡慎太郎遭難(近江屋跡)之地

河原町通りのど真ん中に、坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地(近江屋跡)之の碑があります。慶応3年(1867)11月15日夜半、河原町の蛸薬師で醤油商を営む近江屋の二階で、坂本龍馬と中岡慎太郎は暗殺されました。犯人は諸説ありますが、京都見廻組説が有力とされています。坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地(近江屋跡)この地は、慶応三年(一八六七)十一月十五日、維新の功労者である土佐藩海援隊長の坂本龍馬(一八三五~一八六七)が...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析