大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [織田有楽斎 ] 記事一覧

尾張大野 大草城址

大草町駅より北東500mのところに大草公園があります。大草城址の由来大草城は、織田信長の弟で、後に茶人としても名を挙げた源吾長益(有楽斎)が、築城しようとして途中で断念した“幻の城”である。矢作川とその支流の流域からなる大野谷、(現知多市の南部と常滑市の北部地域)を拝領していた長益は、大草の地に城を築き始めた。しかし、天正十年(1582)に本能寺の変で信長が暗殺され、長益も天正十二年(1584)の長久手の合戦後、...

犬山の有楽苑「如庵」

犬山城に行く前に、近くの有楽苑に立ち寄りました。 有楽苑には、国宝茶室「如庵」、重要文化財旧正伝院書院、古図により復元された元庵、新しく建てられた弘庵などからなります。如庵は、信長の実弟・織田有楽斎が京都の建仁寺の正伝院に建てた茶室で、昭和47年(1972年)に、名古屋鉄道によって現在地に移築され、庭園を含め「有楽苑」と名付けられました。京都の妙喜庵・待庵、大徳寺・龍光院の密庵とともに、現存する国宝...

京都・冬の特別公開(6)建仁寺 正伝永源院

建仁寺は、建仁2年(1202年)将軍源頼家が寺域を寄進し、栄西禅師を開山として宋国百丈山を模して建立された。織田信長の弟である大名茶人・織田有楽斎は、建仁寺の塔頭「正伝院」を再興し、晩年そこに茶室を建てた。これが国宝に指定された「如庵(じょあん)」で、斬新で風情ある名席として知られる。明治時代に寺は「正伝永源院」と名を改めており、1996年(平成8)には「如庵」が復元され、「鱗板」「有楽窓」など有楽斎好みの...

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
37位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析