大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [軍師官兵衛 ] 記事一覧

桶狭間の戦い(5)七ツ塚~おけはざま山

七ツ塚(ななつづか)は、名古屋市緑区桶狭間北2丁目にある史跡です。勝利を収めた織田信長は、全軍を釜ヶ谷あたりに集め、勝どきをあげ、村人に命じてこのあたりに七つの穴を等間隔に掘らせ、大量の戦死者を埋葬させたといいます。桶狭間の戦いでの戦死者は、両軍合わせて、約3,500名と言われており、古戦場まつりの万灯会では、3,500本のローソクを灯して供養するそうです。また、この塚を取り崩したりすると「たたり」があると...

桶狭間の戦い(4)釜ヶ谷~信長坂

釜ヶ谷は、桶狭間の戦いで、織田軍を勝利に導いた重要なポイントで、現在は大学の駐車場になっています。善照寺砦から中島砦を経て桶狭間に進軍した信長軍が、荒れ狂う雷雨の中、おけはざま山に陣取る今川本陣への突撃のチャンスを待っていた所です。織田信長は雷雨が上がると、すかさず今川本陣へ突撃を命じて、今川義元を打ち取り、大勝利を収めました。信長軍が一気に駆け上がったとい信長坂頂上付近にほんブログ村 歴史ブログ...

豊臣秀次の墓(瑞泉寺)

京都市中京区木屋町三条の瑞泉寺1611年(慶長16)角倉了以が豊臣秀次とその一族の菩提を弔うため建立した寺です。文禄4年(1595年)、秀次は秀吉に謀反の疑いをかけられ、聚楽第の秀次のもとへ石田三成、前田玄以、増田長盛らが訪れ、秀次に対し高野山へ行くように促します。秀次は釈明の為に、秀吉のいる伏見城へ向かいますが、福島正則らに遮られ、秀吉に会うことは叶わず、同日高野山へ入ります。それから1週間後、秀次のもとへ...

豊臣秀次と近江八幡(2)

日牟禮八幡宮の境内を抜けると、八幡山ロープウェイの乗り場に着きます。山麓から山頂へ約4分。あっという間の空中散歩です。標高272mの八幡山は、遠方から眺めると、鶴が翼を広げて飛ぶように見えることから、鶴翼山(かくよくさん)とも呼ばれてきました。おねがい地蔵堂八幡山は、1585年(天正13年)、豊臣秀次が築いた八幡城の城跡で、本丸跡には村雲瑞龍寺が京都から移築されています。瑞龍寺は、秀次の菩提を弔うために生母...

豊臣秀次と近江八幡(1)

数年前、近江八幡の豊臣秀次の史跡を追ってみました。近江八幡駅から、バス大杉町で下車、日牟禮八幡宮へ向かいます。日牟禮八幡宮の鳥居をくぐると、八幡堀があります。秀次が、八幡山に築城した際、城と琵琶湖を結ぶ湖上交通として重要な役割を果たし、昭和初期まで利用されていましたが、幹線道路や鉄道の整備に伴って、その役割を終えました。長い間、荒廃していましたが、市民の運動により、船着場が復元され、今では近江八幡...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー