大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [おんな城主直虎 ] 記事一覧

井伊直親ゆかりの池辺神社の八幡宮

掛川の十九首塚から池辺神社へ。この池辺神社の北には二つ池と呼ばれる池があり、現在でも池面に突き出した半島部に八幡宮を祀る社が鎮座しています。八幡宮由来十九首宇佐八幡宮と称し元は掛川市十九首の地にあった。井伊谷の領主井伊直親(幼名亀之丞)が今川家に謀反を疑われ、永禄5年(1563年)その釈明に駿府に向かう途中掛川領主朝比奈泰朝に主従19人が謀殺された。よってこの地に祀り八幡宮を建てたと大池のほとりにあった旧...

井伊直親が討たれた掛川の十九首塚

桶狭間の戦いで、敗北した今川家の勢力が弱体化すると、今まで今川家に臣従してきた松平元康(徳川家康)が独立。織田家と同盟を結び、今川家との対決姿勢を見せ、今川家に反旗を翻す在地領主も出てきました。1562年(永禄5)井伊家の当主となった井伊直親は、遠江を手中にしょうとしていた三河の元康から、今川を見限り徳川に付くよう誘いを受けたとされています。直親が家康と通じているという嫌疑を、小野但馬守が今川氏真に伝えた...

亀之丞の「青葉の笛」を所蔵する寺野六所神社

渋川つつじ公園の近くにある寺野六所神社 。井伊直親(亀之丞)が、井伊谷に帰還する道筋で、寺野宝蔵寺観音堂に寄進された後、六所神社に奉納されたと伝わる「青葉の笛」を所蔵しています。「青葉の笛」の公開日は限られており、井伊谷の地域遺産センターは複製品が展示されています。「建立の時代は詳かではないが、文献棟札等より天慶年間と伝う。後承久年間に至りこの土地は三河国乃信濃国に通ずる要衝あった。其の後建武中興の...

亀之丞(井伊直親)が青葉の笛を寄進した寺野宝蔵寺観音堂

浜松市北区引佐町渋川の寺野宝蔵寺観音堂弘治元年(1555)、亀之丞(井伊直親)が信州の松源寺から井伊谷へ帰国の際、青葉の笛は、最初このお堂に寄進され、のちに六所神社に奉納されたといわれています。山号にちなんだ正式名称は「直笛山(ちょくてきざん)宝蔵寺」井伊直親の『直』と『笛』の字が用いられています。観音堂は、毎年1月3日に、寺野ひよんどりが行なわれることでも知られています。ひよんどりは、「火踊り」がなま...

祐椿尼が隠棲した龍潭寺の松岳院跡地

祐椿尼は、今川氏の家臣である新野親矩の妹で、井伊直盛に嫁ぎました。直盛との間には男子は生まれず、ひとり娘の次郎法師・井伊直虎を生みました。桶狭間の戦いで、夫・直盛が亡くなると、出家して龍潭寺の境内に建立された松岳院で生活するようになりました。祐椿尼は、この時期に名乗った出家名です。晩年には直虎もこの松岳院で、母とともに暮らしたといいます。松岳院跡地松岳院跡地とは、井伊家22代直盛公の御内室、松岳院様...

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
21位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR