FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [西郷どん ] 記事一覧

岩倉具視幽棲旧宅(3)付属屋

繋屋には、浴室と便所が設けられています。附属屋勝手口、炊事場、台所、居間からなります。龍吐水今でいう消防用ホースです。米びつ竈羽釜炊飯や湯を沸かすのに用いられました。水屋箪笥食器の収納に用いられました。炊事の様子の説明です。岩倉具視の暮らしぶりが窺えます。付属屋の居間付属屋から中庭越しに主屋が見えます。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴...

岩倉具視幽棲旧宅(2)主屋

記事を飛ばしてしまっていました(;´∀`)岩倉具視幽棲旧宅の記事の続きです。岩倉具視幽棲旧宅は、茅葺の主屋(約60㎡)と瓦葺の附属屋(約67㎡)、繋屋(約9㎡)から成ります。敷地の南土塀に表門を構え、門を入って主屋南庭に通じる中門、池庭、離れの便所によって構成されています。平成20年(2008)から4箇年をかけて京都市が国庫補助を得て、本格的な修理が行われました。それでは家屋の中に入ってみましょう。中門主屋茅葺の建物で、...

岩倉具視幽棲旧宅(1)

岩倉具視幽棲旧宅は、京都市左京区岩倉上蔵町の岩倉具視が隠れ住んだ屋敷です。公武合体を掲げ、皇女和宮の将軍家降嫁などに尽力した岩倉は、倒幕急進派から弾劾され、官職を辞して剃髪したうえ洛中から追放され、11代前から縁のあったこの地で慶応3年(1867)までの間幽棲しました。元治元年(1864)に大工藤吉の居宅(現在の附属屋)を購入し、主屋と繋屋を増築して住居としたのがこの旧宅です。大久保利通や中岡慎太郎、坂本龍馬など...

岩倉実相院

今年も岩倉実相院へ行って参りました。岩倉具視が、一時ここに住んでいたことがあり、当時の密談の記録などが残されているそうです。昨年は「西郷どん」の影響で、紅葉狩りの人に加え、大河ドラマのファンの方も大勢押し寄せていました。こちらは、部屋の黒い床に木々が反射する光景の「床みどり」「床もみじ」が有名ですが、庭園以外の撮影は一切禁止です。京都市左京区岩倉門前町にある天台宗寺門派の門跡寺院。山号は岩蔵山。本...

土佐の旅(108)桂浜編 龍馬に大接近!

龍馬像の横に期間限定で設けられた高さ約13mの特設展望台に上って、龍馬に大接近してきました。展望台から、龍馬の目線で太平洋を一望できます。普段は見ることができない龍馬像の貴重な横顔と並んで記念撮影も楽しめます。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキングに参加しています。ご協力お願いしますm(__)m歴女日記 ブログランキングへ...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析