FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [西郷隆盛(西郷どん) ] 記事一覧

西郷南洲翁宅地跡

19日の紀行で紹介されたので、再アップします!鹿児島中央駅から「ナポリ通り」を東に向かいます。 ナポリ通りとは、鹿児島市と姉妹都市であるナポリから名付けられたそうです。4月初旬、通りに植えられたツツジが綺麗に咲いていました。この通りを約200ほど歩いたところに共研公園があります。この公園の入り口あたりが、西郷一家が安政2年(1855)から明治2年(1869)まで暮らした西郷南洲翁宅地です。西郷隆盛は、下鍛冶屋町(現在...

薩摩郷土料理「吾愛人」

今日は久しぶりに鹿児島の旅行記です!鹿児島中央駅近くの「吾愛人」中央西口店本店は天文館にあるそうです。独特な店名の「吾愛人」(わかな)は昭和37年、先代と親交のあった児童文学者の椋鳩十氏が命名したそうです。「愛人」(かな)とは、鹿児島の南に位置する奄美大島の方言で、「愛しい人」 「大切な人」西郷隆盛の奄美大島での島妻は「愛加那」(あいかな)さん。西郷が好んで使い揮毫した言葉に、天を敬い、人を愛すると...

指宿の旅(12)鰻温泉スメ料理体験

鰻温泉の集落を歩いていると、あちこちに湯気の上がったところを見かけます。「ここから危険」の看板が見えます(^_^;ここで「ゴン」と「ハヤ」と出会いました。スメ広場スメは、鰻地区の多くの家庭にある温泉の蒸気熱を利用した天然蒸気カマドで、公衆用と家庭用があります。このタイル、何と薩摩焼の陶器が埋め込まれているそうです。豪華でお洒落なデザインですね!ここに具材を置いて、ムシロをかぶせ、蒸し上がるのを待つだけ...

指宿の旅(11)鰻池湖畔の西郷像と西郷南洲翁逗留の家

鰻池を後にして、さらなる目的地へ。明治7年、征韓論に敗れ,鹿児島に帰ってきた西郷隆盛が突然,鰻湖畔に泊まりに来て、約一月滞在しました。昼は開聞岳辺りへ猟に出かけたり、近所の子どもたちと遊んだりして、毎晩温泉に浸かり、福村市左衛門宅に逗留しました。この時、佐賀の乱に敗れた江藤新平が西郷を訪ね、新政府打倒に向け協力を依頼しましたが、西郷はこれを断りました。一ヶ月の滞在後、西郷は、滞在した福村家に御礼と...

指宿の旅(10)鰻地蔵堂と鰻地蔵板碑

鰻温泉の散策を続けます。ここでトラに出会いました。鰻地蔵堂亡くなった方の供養を願う鰻参りが行なわれる場所です。鰻地区は噴気孔が非常に多く,地獄に例えられ、1月,5月,9月の16日は地獄の釜の蓋が開き、故人の霊があの世とこの世を行き来すると伝えられています。特に1月の参拝者が多く、亡くなった人の家族や親戚,知人らが全国から大勢お参りに訪れるそうです。(いぶすき観光ネットより)地蔵堂の横にある鰻地蔵板碑南北朝時...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析