大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [西郷隆盛(西郷どん) ] 記事一覧

西郷隆盛ゆかりの東福寺塔頭・即宗院(3)薩摩藩士東征戦亡之碑

「至羅漢道」の石段を上っていきます。崩れかけた壁があったり・・・しばらくのぼって右に曲がると石造りの鳥居があります。鳥居をくぐると、大きな石碑があります。最も大きいのが西郷隆盛自筆の薩摩藩士東征戦亡之碑西郷は、慶応4年(1868)の鳥羽伏見の戦に際しては、当地に薩摩軍の屯営を構え、即宗院の裏山山頂に砲列を敷き、淀より進む幕軍に向かって砲撃をくわえ、勝利を手中にしました。倒幕後、明治維新で戦死した霊を供...

西郷隆盛ゆかりの東福寺塔頭・即宗院(2)西郷隆盛密議の地

境内の奥へと進んでいきます。庭園の手水鉢の前には西郷隆盛と月照上人が倒幕の密談したという茶室・採薪亭の跡地に「西郷隆盛密議の地」の案内板が立っています。 明治維新の際、西郷隆盛公と月照上人(京都清水寺の勤皇僧)が即宗院境内奥地の茶亭「採薪亭(さいしんてい)」に隠れ、幕軍の難を逃れつつ幕府転覆の策を謀り、ここより密令を発して諸藩と連携のもとに維新の大業を完遂した。 採薪亭は存在しないが、寛政8年(1796)...

西郷隆盛ゆかりの東福寺塔頭・即宗院(1)月輪殿

昨年秋、東福寺塔頭のひとつの臥雲山即宗院の特別公開に行って来ました。即宗院は1387年(嘉慶元年)東福寺第54四世であった剛中玄柔(ごうちゅうげんじゅう)和尚を開基として創建されました。この看板の向こう側に「鹿児島藩招魂碑」がありますが隠れてしまっていますね(..;)偃月橋(えんげつきょう)を渡ると、龍吟庵の東側にあります。島津氏久の菩提を弔うため建立された寺院で、薩摩藩の菩提寺となっています。法然上人およ...

上野の西郷隆盛像

さて、今年の大河ドラマ「西郷どん」が始まりました。といっても、まだ遠出の予定もなく、井伊家の記事も残っているので、それをアップしながら、過去に訪れた幕末の史跡も振り返っていきたいと思います。西郷隆盛の銅像といえば、上野の西郷さんが有名ですよね。上野恩賜公園の西郷隆盛の銅像の作者は高村光雲で、明治31年12月18日に除幕式が行なわれました。敬天愛人 西郷隆盛と銅像の由来 西郷隆盛は文政10年(1827年)...

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析