FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [麒麟がくる ] 記事一覧

竹千代(徳川家康)生誕の地・岡崎城(2)

元亀元年(1570)、徳川家康は本拠を浜松に移し、嫡男・信康を岡崎城主としました。天正7年(1579)に信康が自刃したあとは、重臣の石川数正、ついで本多重次を城代としました。天正18年(1590)に家康が秀吉によって関東に移されると、秀吉の家臣・田中吉政が城主となりますが、家康が江戸に幕府を開いてからは、譜代大名に守らせました。天守閣は、2階から4階までが江戸時代の岡崎を紹介する歴史資料館になっています。5階は展望室とな...

竹千代(徳川家康)生誕の地・岡崎城(1)

岡崎城は、愛知県岡崎市康生町にあった城で、竹千代(徳川家康)の生誕地です。別名「龍城」。1452年(享徳元年)または1455年(康正元年)龍頭山の砦として三河国守護仁木氏の守護代西郷氏が築城。1531年(享禄4年)松平清康(徳川家康の祖父)が城主となり、城郭を整備して勢力を広げたが家臣の謀反により命を落とす(森山崩れ)。1542年(天文11年)城内で竹千代(後の徳川家康)が生まれる。存城当時の東海地方の城では3番目に...

明智光秀ゆかりの土岐高山城を訪ねて(3)土岐高山城 一の曲輪

土岐高山城跡は、「土岐高山城跡の森」にあり、高山城高山宿史跡保存会によって案内板などが設置され、現在は、市民の憩いの場として整備されています。一の曲輪跡東屋桔梗亭と名付けられた東屋では、休憩ができるようになっています。展望台展望台からは、高山城跡、土岐市街を一望できます。井戸跡にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキングに参...

明智光秀ゆかりの土岐高山城を訪ねて(2)土岐高山城 三の曲輪

穴弘法から山道を上り、土岐高山城跡に到着。「高山」といっても、飛騨高山ではなく、土岐市にある高山城です。土岐市の一族・高山伊賀守の居城であった高山城。戦国時代には、平井頼母が城主となり、織田信長、武田信玄、勝頼との領土争いの境界線上にあり、激戦が繰り広げられました。当時は、三つの曲輪によって成り立っていたとされています。三の曲輪跡ここからの眺め立地 高山城は土岐川の氾濫原を見下ろす標高183mの細い丘...

明智光秀ゆかりの土岐高山城を訪ねて(1) 古城山稲荷~穴弘法

岐阜県土岐市の明智光秀ゆかりの土岐高山城跡を訪ねて来ました。降り立ったのは、JR土岐市駅。ここから土岐津橋を越えて、徒歩で約20分。高山城跡周辺図の案内板がありました。高山城跡に通じる遊歩道を歩いて行きます。誰もいません(-_-;)高山城に行く途中、「古城山稲荷」の赤い鳥居が見えてきました。この先には、山の岩肌に穴を掘り、石仏を祀っている「穴弘法」があります。戦国時代にこの地で命を落とした人々の霊を弔うため...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析