fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [豊臣秀次(どうする家康) ] 記事一覧

祇園閣のある大雲院

大雲院は、織田信長・信忠親子の菩提を弔うため、1587年、烏丸二条に建立され、その後に寺町四条、1973年に現在地に移ったとされています。祇園閣があることで知られています。通常は非公開。ねねの道から円山公園に行く途中にあります。境内墓地には、織田信長・信忠父子の他、石川五右衛門の墓があります。五右衛門については、処刑前に市中を引き回された五右衛門が大雲院門前に至った際、大雲院を創建した貞安が引導を渡した縁...

豊臣秀次の墓(瑞泉寺)

京都市中京区木屋町三条の瑞泉寺1611年(慶長16)角倉了以が豊臣秀次とその一族の菩提を弔うため建立した寺です。文禄4年(1595年)、秀次は秀吉に謀反の疑いをかけられ、聚楽第の秀次のもとへ石田三成、前田玄以、増田長盛らが訪れ、秀次に対し高野山へ行くように促します。秀次は釈明の為に、秀吉のいる伏見城へ向かいますが、福島正則らに遮られ、秀吉に会うことは叶わず、同日高野山へ入ります。それから1週間後、秀次のもとへ...

高野山の金剛峯寺

青巌寺(せいがんじ)は、現在の金剛峯寺境内の東部にあった寺院で、明治2年(1869年)まで高野山上に存在した寺院です。学侶方の寺務をつとめた中心寺院でしたが、行人方の役寺であった興山寺(廃寺)と合体して金剛峯寺となっています。青巌寺は、天正20年(1592)、豊臣秀吉が大願主となり、母・大政所の追善のために木食応其(もくじきおうご)に命じて造営され、初めは「剃髪寺」と号していました。文禄3年(1594)3月、秀吉は高野山に登...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析