大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [築山御前 ] 記事一覧

築山御前の史跡(2)築山御前が葬られた西来院

築山御前を殺害するにあたっては、介錯人や検死役までいたといいます。(介錯人・野中三五郎重政、検死役・石川義房)当時、信長の命に逆らえなかった家康にとって、築山御前は確実に消えてもらわねばならない存在だったのでしょう。築山御前の遺体は西来院に、首は岡崎に葬られました。西来院は月窓派の拠点として、正長元年(1428)月窓義運襌師によって開創され、曹洞宗の寺院です。本堂築山御前の廟堂・月窟廟のある寺院として有...

築山御前の史跡(1)太刀洗の池

築山御前の生涯駿府の関口義広の娘として誕生。今川義元の姪にあたる。瀬名姫と呼ばれ、16歳で、当時人質暮らしをしていた松平元康(後の徳川家康)と、義元の一存で、弘治3年(1557年)結婚。実家の関口家の豪華な館で贅沢な暮らしを送っていた。永禄2年(1559年)には、長男・竹千代(信康)誕生。しかし、永禄3年(1560年)桶狭間の戦いにて、伯父の今川義元が討たれると、幸せな日々は一転。この戦に元康も参戦(大高城への兵糧...

椿姫観音

浜松城周辺の史跡より、椿姫観音を紹介します。椿姫とは第五代引間城主・お田鶴の方のことを指します。室町時代、飯尾家第四代の引間城主・飯尾豊前守乗竜公(今川家武将)が今川氏真に殺害された後、妻であるお田鶴の方が引間城主となりました。女城主として引間城を最後まで死守しようとしましたが、家康との戦いにおいて1568年12月末、侍女18名とともに果てました。家康の正室・築山御前とは母親同士が義理の姉妹という関係にあ...

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析