大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Category [源義朝 ] 記事一覧

甲ヶ淵

八瀬川の少し上流には、義朝一行が東国に落ち延びる際、比叡山の法師に襲われ、家臣の斎藤別当が兜を投げ込み、法師らがそれを奪い合う間に逃げたという甲ヶ淵があります。比叡山には、信頼や義朝が打ち負けて大原口へ落ちると噂が流れ、延暦寺・西塔の法師どもがこれを聞いて、「いざ、落人を打ち捕らえん」とて、2、3百人が千束ヶ岳に待ち構えました。義朝がこれを聞いて「都にて、兎も角もなるべきこの身が、鎌田兵衛の他愛も無...

義朝駒飛石

碊観音寺の前の八瀬川に、駒飛橋という橋が架かっています。その橋の下に大きな岩があり、「義朝駒飛石」と呼ばれています。源義朝が東国へと落ち延びる最中、難所「千束谷」で、義朝の馬が崖から落ちますが、馬の前足が大石にかかり、一命をとりとめたため、駒止石ともいいます。また、騎乗のまま飛び越えたともいいます。F2ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。...

源義朝ゆかりの碊観音寺(かけかんのんじ)

12月のはじめ、比叡山から八瀬を目指して、ケーブルに乗りました。辺りは銀世界雪山とうっすら紅葉の残る山とのコラボです!八瀬ケーブル乗り場から少し北に行った所に、碊観音寺があります。源義朝が平治の乱に敗れ、逃れる途中、比叡山の僧兵から襲われた時に、岩に観音菩薩を刻み、源家の再興を祈願したと伝えられています。当山の御本尊碊観音大士は、往者二条天皇の御砌、源義朝卿、平治元年(西暦1159年)12月下旬、平治の乱に...

源義朝最期の地・野間探訪(12)本殿

その他、野間大坊は見るべきものがたくさんあります。悠紀殿昭和天皇の即位の礼の際、京都御所内に建てられた建物の一部を当山に御下賜され、昭和4年に移築されたものだそう。本殿に大河のポスターが貼ってありました。F2ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。...

源義朝最期の地・野間探訪(11)野間大坊の義朝の墓

平治の乱に敗れた源義朝は、野間内海荘の荘司で、政清の舅である長田忠至の館にたどり着きましたが、恩賞目当ての忠致・景至父子の裏切りに遭い、義朝は風呂場で殺害され、政清は酒を飲まされて騙し討ちに遭い、殺されてしまいました。(「平治物語」) しかし、「愚管抄」によれば長田父子の陰謀を察知した義朝が、政清に自らの首を打つよう命じ、斬首した後に政清は自害したとされています。 義朝の墓には、義朝の最期の言葉「木...

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR