大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

淀殿ゆかりの養源院

三十三間堂の東向かいにある養源院

IMG_3636 B

IMG_3640 B

以前行った春の養源院の特別公開では、俵屋宗達筆の襖絵「松図」、杉戸絵「白象図」「唐獅子図」、狩野山楽筆の襖絵、豊臣秀吉公木像、伏見城遺構「血天井」、淀殿・江・豊臣秀頼の肖像画などの寺宝が公開されました。

IMG_3641 B

養源院は、秀吉の側室となった淀殿が、父・浅井長政の追善供養のため、21回忌法要の文禄三年(1594年)に創建した寺。
一度は落雷により焼失しましたが、淀の妹であり、徳川秀忠の正室であったお江の願いにより、元和7年(1621年)に伏見城の遺構を移築して再興されました。再建された時期は、秀忠と江との娘である徳川和子(後の東福門院)が、後水尾天皇に入内(元和6年・1620年)した翌年でした。その後の養源院は、東福門院の要請で、兄の3代将軍家光により守られ、以降、徳川家の菩提所となりました。養源院には、2代秀忠から15代慶喜まで徳川幕府歴代将軍の位牌が祀られています。
江と秀忠の位牌には、「菊」「葵」「桐」の3つの紋が刻まれています。菊は皇室、葵は徳川家、桐は豊臣家を象徴する紋で、この3つの紋が並ぶ位牌は、ほかにはないそうです。

江戸時代の養源院は、特別な立場にあり、養源院が発行した「桃山の印」が押印されているものは、要求通りに幕府から資財を調達できたそうです。明治になるまでは、一般の人は参拝できず、将軍家や高貴な身分の人だけに参拝が許されていました。

本堂の廊下の天井は、有名な血天井

IMG_3638 B

関ヶ原の戦いの直前、伏見城の留守を任された鳥居元忠をはじめ徳川家の家臣が城を死守し,最後に自刃した廊下の板の間を供養のために天井としたもので、血痕があちこちに残っています。(他にも血天井は京都の宝泉院・正伝寺・源光庵にもあります)

本堂には、俵屋宗達が描いた襖絵「松図十二面」や、白象、唐獅子、麒麟を描いた杉戸絵があります。杉戸絵に描かれている「白象」「唐獅子」は、釈迦の脇持仏である普賢菩薩、文殊菩薩の乗り物であり、伏見城で自刃した武将たちの霊を供養するために描かれたものと伝えられています。宗達による襖絵は、杉戸絵と共に、養源院でしか見られない貴重なものだそうです。

本堂の廊下は、鶯張になっていて、左甚五郎が造ったものと伝わっています。

養源院の庭は、父親が浅井家・豊臣家に仕えた小堀遠州によるもので、季節ごとに様々な花が彩りを添えるように造られています。庭には、伏見城から移された秀吉お手植えの山桃の木もありました。

IMG_3647 B

IMG_3649 B

淀殿が建てたお市の供養塔

IMG_3644 C

IMG_3643 B

江の五女にあたる東福門院が建てた江(崇源院)の石塔墓

IMG_3646 C

IMG_3645 B

お市の供養塔も、江の石塔墓も、豊臣家・徳川家に縁のある人物にふさわしい立派なものでした。

兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

相当な名門のお寺ですね。

お市から、3姉妹へ、
まず淀が天下をとり、
次いで江が天下をとった、
お市殿が天下を獲ったようなもんですね。
  • ラメール 
  • URL 
  • 2014年10月22日 02時27分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

すごい美人だったんでしょうね~

お市サマ!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年10月22日 04時45分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

江と秀忠の位牌には、「菊」「葵」「桐」の3つの紋、知りませんでした。
この3姉妹は、戦国時代の象徴のような感じですね。

養源院! 

小生は此処へは2度行っています。最初の時は人が少なく撮影も許可して貰えました。
2度目の2012年の特別展の時はすっかり状況が変わり撮影は不可能でしたので2度の分をミックスしてブログ掲載をしました。下記の通りです。見る目的が違っていますから当然内容も変わってきます。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1312.html
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2014年10月22日 10時31分 
  • [編集]
  • [返信]

ラメールさん、YUMIさん、シネマさん、四方さんへ 

コメントありがとうございます!
ただ今大阪のホテルにいます。

ここは、「江」の年に行ったのですが(たぶん4回目)
浅井姉妹の生き様をひしひしと感じました。
女性ならではの役割を果たしていたのですね。

四方さん、記事のリンクありがとうございます。
  •  
  • URL 
  • 2014年10月22日 20時32分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

何年前でしたっけ。
大河ドラマで「江」をやってましたよね。

あのドラマは
秀忠がやたらといい人物に描かれていたので
合点が行きませんでした。

応援ぽち

よっちんさんへ 

たしかに秀忠が良い人でしたね!

人気の向井理君が演じていたからでしょう。

いつも応援ありがとうございます。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年10月23日 20時40分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー