大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

京都東山の秀吉ゆかりの地(5)豊臣秀吉を密かに祀った新日吉神宮

1160年(永暦元年)、後白河法皇が院の御所(法住寺殿)の鎮守社として、もとは智積院南側に創建したのが始まりです。その後社地は転々としており、江戸時代になって豊国廟社が壊されたのと同時期に旧廟前に移り、現在の社地となったのは、豊国廟が再興された1897年(明治30年)になってからです。
1958年(昭和33年)後白河天皇を増祀し、1959年(昭和34年)に神社名を現在の新日吉神宮と改めました。

楼門
IMG_9268 新日吉神宮

江戸時代には、豊臣家や豊臣秀吉に関するものはすべて壊され、禁止されたのですが、京都での秀吉の人気は高く、秀吉を隠れて崇拝する人々が集ったのが新日吉神宮だったといいます。

境内の樹下社(このもとのやしろ)は豊国神社(ほうこくじんじゃ)とも呼ばれ、この樹下社に、秀吉を信仰をする人々が訪れました。
かつて新日吉神宮が、豊国廟社の跡地に建っていたこと、樹下社の「樹下」と、秀吉の旧名・木下藤吉郎の「木下」、秀吉の幼名「日吉」だったため、新日吉の樹下社にすることでカモフラージュしたそうです。

拝殿
IMG_9270 新日吉神宮

本殿
IMG_9271 新日吉神宮

IMG_9274 新日吉神宮

新日吉神宮の本殿脇にいるのは、狛犬ではなく狛猿
猿の姿をした神様のお使いで、「魔が去る」とか、「何よりも勝る」との語呂合わせがあるといわれています。
神猿はなぜか金網に入れられています。

IMG_9272 新日吉神宮

IMG_9277 新日吉神宮

その理由として、「神の使いが盗まれてしまわないように」「猿たちが夜な夜な動き出すのを防ぐため」と伝えられています。

IMG_9273 新日吉神宮

兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

神猿~ちょいこわですね~
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014.11/12 03:52分 
  • [Edit]

新日吉神社! 

見事な撮影です!
拝殿後部から本殿の撮影は邪魔な塀に囲まれ、撮影が大変むずかしいのですが、右側から見事な撮影です!
感嘆!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2014.11/12 06:42分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

神猿さま、金網から出てきそうな迫力あるお顔でした
(@_@;)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.11/12 10:26分 
  • [Edit]

四方さんへ 

四方さんの記事を参考にして、なるべく本殿の一部でも撮影しようと試みています。
ここも本殿が見えにくく、撮影困難なところですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.11/12 10:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

大阪でも秀吉の人気は高いです。

秀吉や松下幸之助のような
立身出世型の人物を
大阪人は好む傾向にありますね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2014.11/12 21:49分 
  • [Edit]

よっちんさんへ 

よっちんさん、こんばんは!

関西での秀吉の人気は絶大なのですね。

私のところは・・・やっぱり家康です(#^.^#)



  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.11/13 00:43分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析