大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

石田三成・三献の茶の観音寺

寺の小僧だった石田三成豊臣秀吉が出会った場所とされている滋賀県米原の観音寺を訪れてみました。

石田三成の出生地・石田よりバスで米原方面に向かい、観音寺下車。

IMG_1576 B

観音寺・三献の茶の里に到着。

IMG_1578 B

IMG_1579 B

観音寺は、もとは伊吹山中にあり、僧三修が開いた伊吹四大寺として隆盛を極めていましたが、13世紀に山を降り、現在地に移ったとされています。

ここは、鷹狩で立ち寄った秀吉に三成が茶でもてなし、才能を見出されたという三献の茶のエピソードが伝えられているお寺です。

境内にはその時の水を汲んだという井戸もあります。

IMG_1581 B

IMG_1583 B

IMG_1584 B

IMG_1589 B

IMG_1588 B

IMG_1591 B

IMG_1598 B

IMG_1599 B

三献の茶のエピソードのもとになった観音寺にお参りできて大満足

兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

いついかれたんですか、こんな山奥へ。
私は長浜の石田から山を越えていきました。昔は山東町でいまは米原市です。いまはトンネルがあるから簡単ですが。
石田三成は山を越えていったんでしょね。

そば打ちおじさんへ 

たしか3年前だったと思います。
三成生誕の地からバスで、トンネルを越えて行きました。
バスを降りてびっくりしましたよ!
田んぼしかない(^_^;)
帰りのバスの時刻を確認してから、見学しに行きました。
乗り遅れたら大変!
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年11月24日 01時32分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

>寺の小僧だった石田三成と豊臣秀吉が出会った場所とされている滋賀県米原の観音寺を訪れてみました.
石田三成水汲みの井戸は「めりい」さんの記事の写真とは少々違って草がしっかり刈られていますね。
撮影時期が違っているのでしょうね。
この「三献の茶」の話はあまりにも有名ですね。
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2014年11月24日 06時46分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

私が行ったのは「江」の年です。
そのために、綺麗に草が刈られていたのかもしれません。
三献の茶のエピソードは誰もが知る話ですね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年11月24日 10時46分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

いってみたいです~
近場で映画がやっとです~

彼氏の家と二十生活なんで、ちょ~忙しいです!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年11月24日 18時07分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

今回の「軍師官兵衛」では
ちょっと石田三成が
悪者に仕立てられすぎの
キライがありますよね。

まあ、歴史ドラマっていうのは
書く人の視点次第ですがね。

応援ぽち

シネマ大好き娘さんへ 

その二重生活が最高に幸せじゃないですか~

\(^o^)/
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年11月24日 19時35分 
  • [編集]
  • [返信]

よっちんさんへ 

おっしゃる通り、今回は三成は嫌なやつそのものです。
三成が好きな私にとっては嫌な描き方ですが・・・
官兵衛を良い者に描くためにもも対照的になるしかないのですね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年11月24日 19時37分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー