大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

京都御苑に残る史跡(5)清水谷家の椋

京都御苑の蛤御門を入ったところに清水谷家の椋という木があります。

IMG_0038 kijima

かってはここに公家の清水谷家の屋敷があったために、「清水谷家の椋」と呼ばれています。

幕末の1854年(元治元年)の蛤御門の変の際、長州藩士の来島又兵衛がこの木の下で討ち死にしたといわれています。

IMG_0037 kijima

来島又兵衛

幕末の長州藩士。尊皇攘夷派。
文久3年(1863年)、藩命により猟師を集めた狙撃隊を率いて上洛。八月十八日の政変で尊皇攘夷派が追放されると萩に戻り、高杉晋作が奇兵隊を創設したのに触発されて、又兵衛も遊撃隊を組織して自ら総督となり、互いに連携して国事にあたった。
元治元年(1864年)、前回の政変で失った長州藩の失地回復のために激烈に出兵を主張し、禁門の変の前に家老福原越後らと共に上洛。島津久光の暗殺を計画したが、失敗。一旦長州に戻り、藩主毛利敬親に改めて出兵を促した。
変が起こると、又兵衛は、風折烏帽子に先祖伝来の甲冑を着込み、自ら遊撃隊600名の兵を率いて、激戦を繰り広げた。しかしこの禁裏内の蛤御門の戦いで、当時薩摩藩兵の銃撃隊として活躍した川路利良の狙撃で胸を撃ちぬかれた。助からないと悟った又兵衛は、甥の喜多村武七に介錯を命じ、自ら槍で喉を突いた後、首を刎ねられて死亡した。
(Wikipediaより)

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

久坂玄瑞に続いて、今日は来島又兵衛ですか。
歴史でそれは教えていても、討死の場所までは知りませんでした。
☆P
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2015.01/15 08:34分 
  • [Edit]

YUMIさんへ 

YUMIさん、こんにちは!

今年は幕末の志士たちがどこまで登場するかわかりませんが・・・

今年もカテゴリーを増やしていけるよう頑張ります!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.01/15 13:50分 
  • [Edit]

NoTitle 

攘夷派って
本当に攘夷が可能だと
考えていたんでしょうねぇ。

アヘン戦争の結果とか聞いたら
不可能だとは思わなかったのかなぁ…

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2015.01/15 22:19分 
  • [Edit]

よっちんさんへ 

その点、松陰は本だけの学問だけでなく、日本諸国を歩き、西欧の力と脅威をいち早く知った人物といえますね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.01/16 11:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析