大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

吉田松陰江戸遊学の足跡(4)蒼龍軒塾

江戸は、吉田松陰の終焉の地でもあり、文(美和)が二度目の夫となる小田原伊之助(揖取素彦)と一時期を過ごしたところでもあります。

1 201108181559310af

江戸城下の京橋桶町に、安房出身の鳥山新三郎が主宰する蒼龍軒塾という私塾があり、多くの若者が出入りしていました。

先に江戸遊学に来ていた土屋蕭海 (しょうかい、矢之助)の紹介で、吉田松陰も出入りするようになり、同志たちと酒を酌み交わしながら熱く議論を交わしたといいます。

鳥山新三郎

文政2年2月2日生まれ。江戸で東条一堂に儒学を,加藤環亀に兵学をまなぶ。京橋に塾をひらき吉田松陰らとまじわる。松陰が海外渡航に失敗し獄につながれた際,奉行所の尋問をうけ,一時謹慎となる。安政3年7月29日死去。38歳。安房(あわ)(千葉県)出身。名は正清。字(あざな)は義所。号は確斎,蒼竜軒。

土屋蕭海

文政12年12月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。坂井虎山,羽倉簡堂らにまなび,藩校明倫館の助教,ついで侍講にすすむ。文章にすぐれ,吉田松陰もしばしば批評をもとめたという。元治(げんじ)元年9月10日死去。36歳。名は棖。字(あざな)は松如。通称は矢之助。 (コトバンクより)

蒼龍軒塾があった場所は、現在の東京駅八重洲南口付近にあたるそうです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

早く桜がさかないかなあ~
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2015.01/19 02:31分 
  • [Edit]

蒼龍軒塾 

蒼龍軒塾と鳥山新三郎!
この塾のことは始めて知りました。
明治維新のことは詳しくないのですが、この一年間記事を読ませて頂いて勉強します。
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015.01/19 05:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

しずかさんは、毎年それぞれの内容について、すごくくわしく調べられるから、この記事なども、ホント詳しいですね。
☆P
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2015.01/19 09:26分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

毎日寒いね(;O;)

私も桜が恋しいです~
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.01/19 10:42分 
  • [Edit]

四方さんへ 

私もこの塾のことは初めて知りました。

松陰はいろんな塾を出入りしていたそうですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.01/19 10:43分 
  • [Edit]

YUMIさんへ 

この時代のことは詳しくないので、今年一年かけて勉強するつもりで頑張ります(*^_^*)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.01/19 10:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

ここのブログを見ていると
大河ドラマが一層理解できます。

「花燃ゆ」も
なかなか面白くなりそうですね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2015.01/19 21:04分 
  • [Edit]

よっちんさんへ 

こんばんは!

そう言っていただけると励みになります!

昨日の回は、原田泰造さんの熱演に見入ってしまいました。
視聴率とは関係なく、今年も大河ドラマを応援していきます(*^_^*)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.01/20 01:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析