大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

桂小五郎・幾松の寓居跡

幾松」は、桂小五郎(木戸孝允)と芸妓・幾松(後の松子夫人)の木屋町寓居跡です。

IMG_9952 B

小五郎の没後は、松子夫人が住んでいたといい、今は幾松という料理旅館になっています。

IMG_9953 B

IMG_9954 B

池田屋事、禁門の変以降、長州藩が朝敵とされ、小五郎は幕府に追われる身となり、二条大橋周辺に乞食の姿となって隠れ潜んでいたところ、幾松はよく握り飯を持っていったというエピソードが有名です。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

乞食~~久しぶりに聞きました~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2015年02月09日 04時45分 
  • [編集]
  • [返信]

! 

木戸孝允の妻・幾松は素晴らしいい女性で、木戸孝允をかくまってにがしたりした女性で、最後は妻となっています。
どうして買ったが覚えがないのですが「幾松という女」の本を持っていますよ!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015年02月09日 06時06分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さんへ 

そういえば、久しぶりに使いました~

もしかして死語?(^_^;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年02月09日 10時12分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

芸妓を正式に妻にした木戸孝允も男として責任があると思います。

幾松という女・・・面白そうなタイトルの本ですね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年02月09日 10時15分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

幾松泊まってみたいですね。
京都は魅了的な宿がたくさんありますよね。
☆P

NoTitle 

この旅館の前を
何度か歩いたことがありますよ。

京都の料理旅館ですから
それなりの値段はするでしょうね(*^_^*)

応援ぽち

YUMIさん、よっちんさんへ 

こんばんは!いつもコメントありがとうございます!

私も泊まってみたい気持ちはありますが、きっといや絶対高いでしょうね(^_^;)
お料理も豪華な京料理なのでしょうね(#^.^#)
私は写真を撮るためにのぞいただけでした(笑)
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年02月09日 22時22分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー