大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

萩紀行(2)杉家借家跡~松島剛蔵旧宅地

松陰神社に行く前に周りをぐるっと回ってみました。

吉田松陰が19歳の頃、杉家は清水口にあった高須家の借家に転居したといいます。

地図で見ると、杉家借家跡は、郡司鋳造所跡の南西、松陰神社の西側の辺りになっていますので、この辺りかな?

IMG_0826 杉家

特に跡地の碑などは見つかりませんでした。

IMG_0827 杉家

そして、この借家跡の同じ通りに、松島剛蔵旧宅地碑があります。

松島剛蔵旧宅地碑

IMG_0908 松島

IMG_0910 松島

松島剛蔵は、の再婚相手になる小田村伊之助、のちの楫取素彦の兄にあたります。
長州藩の藩医である松島瑞蟠の長男として萩中ノ倉に生まれた。弟に吉田松陰の妹婿である小田村伊之助(楫取素彦)と小倉健作(松田謙三)がいる。天保2年(1831年)、父・瑞蟠が狂を発し廃人となったため家督を継ぐ。禄39石余り。

江戸遊学し、坪井信道に4年間従学のち、世子である毛利元徳の侍医となった。のち、長崎に赴き勝海舟らと共に長崎海軍伝習所でオランダ人に航海術を3年間学び、帰藩して洋学所・軍艦教授所を創立する。軍艦教授所の門下生には高杉晋作らがいた。桂小五郎(木戸孝允)、吉田松陰とは友人であり、特に松下村塾の門下生らと提携して様々な活動を行った。

安政4年(1857年)、長州藩初の西洋式軍艦製造にともない、初代長州藩海軍総督となり、丙辰丸艦長に就任する。桂小五郎と共に海軍の充実と丙辰丸の江戸航海について、藩庁に請願書を提出する。万延元年(1860年)、藩はこれを許可し、高杉晋作・久坂玄瑞ら士分6人と舸子14人が丙辰丸に乗り込み、外洋を航海し同年6月、江戸に入る。同年7月、桂小五郎に水戸藩の西丸帯刀・野村彝之介・住谷寅之介らを紹介し、水戸藩と長州藩が連帯して行動することを約した「丙辰丸の盟約」(成破の約)を丙辰丸艦内で結ぶ。

文久2年(1862年)、高杉晋作、久坂玄瑞らと共に御楯組を結成する。12月12日、江戸品川の御殿山に建設中だったイギリス公使館を襲撃した(英国公使館焼き討ち事件)。

文久3年(1863年)5月、下関戦争に参加、直接に自身が指揮する庚申丸でアメリカ商船を攻撃した。これを皮切りに、23日にはフランス艦を、26日にはオランダ艦に砲撃を浴びせた。ただ驚愕するばかりの両艦はなんとか逃走した。「攘夷が成功した!」と、長州藩は勝利に沸きたつ。同年6月、米国軍艦(ワイオミング号)の猛烈な反撃にあい、他の長州艦船(癸亥丸、壬戌丸)と共に庚申丸は沈没した。大砲、砲台も破壊されて大損害をこうむり、5日にはフランス軍艦(フリゲート艦セミラミスと通報艦タンクレード)が下関を砲撃した。250人の武装兵が上陸し、砲台を破壊、付近の村を焼き払った。松島はこの戦闘の際に負傷している。

元治元年(1864年)、禁門の変が起こり、久坂玄瑞らが戦死する。幕府による第一次長州征伐で俗論派が藩政権を握ったため、松島は萩野山獄に投ぜられる。同年12月16日、「高杉晋作が功山寺で挙兵」との報が萩に伝わるや、12月19日に処刑された。享年40。(Wikipediaより)

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

下関戦争! 

下関戦争は最初に萩藩がアメリカ商船、フランス艦、オランダ艦を砲撃して敗走させて居たのですね!
その反撃は徹底的で新式大砲で萩藩は大敗北!おまけに
フランス軍250名に上陸され砲台は徹底的に破壊されています。しかし、この武力の弱さが分り、アメリカの南北戦争後の余った大量のエミー銃などを英人グラバー氏から購入し、武装を強化しています。
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015.04/05 05:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

萩には3度か4度行きましたが、とてもしずかさんの詳しさには及びません。
楽しませていただきますね。
☆P
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2015.04/05 08:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

萩には、いたるところに史跡があるんですね。

明治維新に関係する人の話がそっくりと
残っているのがいいですね。

伊之助の兄の話は、大河に出てきませんね。
  • posted by ラメール 
  • URL 
  • 2015.04/05 12:30分 
  • [Edit]

四方さんへ 

大敗北によって学ぶこともありですね。

欧米列強の力を見せつけられ、藩としても方針を変更せざる負えなかったのですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.04/05 13:20分 
  • [Edit]

YUMIさんへ 

YUMIさんは、そんなに萩に行かれているのですか!

それはびっくりです!

たしかにとても良いところですから、また行きたくなるのがうなづけます
(#^.^#)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.04/05 13:22分 
  • [Edit]

ラメールさんへ 

萩は、数歩歩いたら、何らかの史跡が・・・というほどたくさんありました。
事前にチェックしたところの倍ぐらい発見しましたよ。
これをすべて記事にしたら、どれくらいの時間が必要になるのか???

伊之助の兄は、ドラマに出て来ていますが、これからのことはどれくらい描かれるのかわかりませんね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.04/05 13:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

30数年前に萩に行った時には
幕末史に関しての知識があまり無く
せっかくの史跡も見逃していました。
再訪したいですね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2015.04/05 15:31分 
  • [Edit]

よっちんさんへ 

今年の大河イヤーに合わせて、新たに案内板を設置したところが多いように思いました。
ぜひ機会を作って再訪してください!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.04/05 16:17分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析