大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

萩紀行(14)岩倉獄跡と金子重輔

一方、岩倉獄には松陰とともに、海外密航に失敗し、松陰の従者だった金子重輔が投獄されました。

岩倉獄跡
IMG_0560 岩倉

IMG_0561 岩倉

野山獄とは対照的に、岩倉獄は環境が劣悪で、着物や食べ物が満足に与えられなかったため、金子重之輔は岩倉獄で病死していてしまいました。

金子重輔絶命の碑
IMG_0562 岩倉

松陰が重輔に贈った詩碑
IMG_0563 吉田

金子重輔旧宅地

萩市上五間町に金子重輔旧宅地跡の碑が残されています。

IMG_0568 金子

IMG_0570 金子

IMG_0569 金子

金子 重輔

長門国阿武郡紫福村商人・茂左衛門とつるの長男として生まれる。幼時より白井小助、次いで土屋蕭海に学び嘉永6年(1853年)、家業を嫌って江戸に出て長州藩邸の雑役となる。同年、熊本藩士・永島三平を伝にして吉田松陰と出会いその弟子となる。嘉永7年(1854年)、アメリカ合衆国の東インド艦隊再来に際して松陰と共に渡米を計画して藩邸を脱走。鳥山確斎の私塾に寄宿して、世界地誌を学びながら機会を窺った。日米和親条約が締結されると松陰と共に下田へ赴いて米艦に乗り込もうとするがアメリカ側に拒否されたためにやむなく計画を中止、自首した。その後、幕吏によって萩へ送還され安政2年(1855年)、士分以下の者が入る岩倉獄で病没した。(Wikipediaより)

松陰が重輔の死を知ったのは、その2日後のことで、翌日から松陰は自分の食事から汁と菜を削ってわずかな金を蓄え、重輔の遺族に贈ったといいます。

重輔の墓は、保福寺にあります。

保福寺

IMG_0582 保福寺

IMG_0601 保福寺

金子重輔の墓
IMG_0598 金子

IMG_0599 金子

重輔の墓には「寄附吉田氏」と刻まれた一対の花立があります。

IMG_0600 吉田氏

萩観光協会HP、萩観光情報参照

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

金子 重輔! 

金子 重輔のこと初めて知りました。吉田松陰は「重輔に贈った詩碑」や保福寺の「重輔の墓に一対の石造り花立」を贈るなど大したものです。
吉田松陰はやっぱり一般の人と違って「偉人」ですね!

  • willly_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015年04月18日 05時09分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

こういう心配りが、門下生たちを惹きつけたのでしょうね。

花立のことは、このお寺を調べて初めて知りました。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年04月18日 10時16分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

獄の環境が劣悪で、獄中で病死って、かわいそうすぎますね。
花立、立派ですね。
☆P
  • YUMI 
  • URL 
  • 2015年04月18日 13時52分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

当時は獄中で死んだ人が多いですね。
いかに劣悪な環境だったか
想像できそうです。

応援ぽち

YUMIさん、よっちんさんへ 

YUMIさん、よっちんさん、こんにちは!

獄中での環境、身分によってかなりの差があったのですね。
金子重輔もお気の毒でした。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年04月18日 16時46分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー