大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

幕末の志士たちが眠る回向院・靖国神社

南千住の回向院には、桜田門外の変で処刑された水戸藩士たちの墓、滝本いのの顕彰碑、坂下門外の変で処刑された志士たちの墓があります。

IMG_3428 回向院

IMG_3453 回向院

左側が桜田門外の変、右側が坂下門外の変で亡くなった志士の墓

その奥に吉田松陰の墓があります。

IMG_3436 松陰

ここで、水戸藩士の紹介を。

関 鉄之介

幕末の勤王志士で、水戸藩士。桜田門外の変における実行部隊の指揮者で、桜田十八士の一人。
水戸藩士・関新兵衛昌克の子として、水戸上町馬喰町片町に生まれた。弘道館で学び、水戸学の影響を受けて尊王攘夷運動に乗り出した。安政2年(1855年)、北郡奉行所与力となり、翌安政3年(1856年)2月、郡奉行・高橋多一郎に認められて北郡務方に抜擢され、大子郷校の建設と農兵の組織を行いながら、水戸藩改革派の拡大を進めた。
安政5年(1858年)10月、高橋の指示により大老・井伊直弼に対する諸藩の決起を促すため、鉄之介は矢野長九郎らと共に越前藩・鳥取藩・長州藩へ遊説に赴く。しかし、安政の大獄による尊王攘夷派志士に対する弾圧が行われはじめていたため、十分な成果を挙げられずに江戸へ戻った。安政の大獄が更に進行すると、高橋多一郎・金子孫二郎らを中心とした直弼の暗殺計画に参加する。
安政7年3月3日(1860年3月24日)、桜田門外の変で実行隊長として襲撃を指揮し、直弼を暗殺した。その後、薩摩藩などを頼って近畿・四国方面の各地を逃げ回ったが、受け入れられず水戸藩領へ向かい、文久元年7月9日(1861年8月14日)に袋田(現在の久慈郡大子町)に入って、桜岡家にかくまわれた。しかしそれでも危険が迫り、水戸藩領内を転々と潜伏した後、越後へと逃れたが、湯沢温泉(現在の岩船郡関川村)で捕らえられた。
水戸で投獄された後、江戸送りとなって、文久2年5月11日(1862年6月8日)に日本橋小伝馬町の牢において斬首された。享年39。(Wikipediaより抜粋)

関鉄之介の愛人・滝本いのは、元吉原・谷本楼の遊女であり、鉄之介の潜伏の手助けをしたため、逃亡先を問われ、「鞭打ち」や「石抱き」という拷問にあった後、伝馬町牢屋敷にて獄死しました。

ところ変わって・・・

東京都千代田区九段北の靖国神社は、幕末から明治維新にかけて功のあった志士、1853年(嘉永6年)のペリー来航以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀っています。

IMG_3521 靖国神社

幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎等も維新殉難者として合祀されています。

本殿脇に建つ元宮は、桜田門外の変、坂下門外の変の殉難者や、安政の大獄で処刑された吉田松陰
橋本左内などの維新殉難者の霊を祀るため京都でつくられた小祠を1931年(昭和6年)に靖国神社に移祠したもの。
靖国神社の前身との意味から「元宮」と称されています。

そこで、元宮に参拝しようとしたのですが・・・
昨年の火付けにより、いまだに参拝中止になっているそうで、閉められた門の隙間から覗いてみました。

IMG_3527 靖国神社

この奥に元宮があります。
そして金子孫二郎や高橋 多一郎らの水戸藩士も合祀されています。

金子孫二郎
水戸藩士。徳川斉昭の藩主擁立につくし、尊攘派として活動。井伊直弼暗殺計画の首領となり、安政7年(1860)直弼暗殺後、京都をめざしたが伊勢(三重県)四日市で捕らえられ、文久元年7月26日処刑された。58歳。(コトバンクより)
靖国神社合祀。

高橋 多一郎
水戸藩士。奥右筆頭取、小姓頭などをつとめる。鹿児島藩士らと大老井伊直弼襲撃、大坂挙兵を計画。挙行に先立って大坂にゆくが、桜田門外の変後、幕吏に発見され,万延元年3月23日子の庄左衛門とともに四天王寺で自殺した。(コトバンクより)靖国神社合祀。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

周辺諸国は
靖国神社に対して
常に批判と攻撃を繰り返しますが
宗教観が違うのだから
理解してほしいなぁ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2015.05/13 20:49分 
  • [Edit]

よっちんさんへ 

まったく同感です。

毎年、靖国への参拝が問題になっていますが、これは永遠続く論争なのでしょうね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.05/14 01:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析