大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

七卿落ち(3)七卿を警護した益田親施

八月十八日の政変により、京を追われることになった三条実美をはじめとする尊王攘夷派の7人の公家らは、京都の妙法院に集結した後、兵庫津を経て、海路で長州藩の三田尻港(山口県防府市)を目指したのですが、途上悪天候のため、3隻のうち2隻が徳山藩の徳山港(山口県周南市)に上陸し、ここから陸路、三田尻に向かうことに。

七卿らを兵庫まで警護した責任者は長州藩士、益田親施(ますだちかのぶ)でした。親施は、益田家第33代当主、長州藩永代家老で、益田右衛門介として知られています。
1863年には上洛して孝明天皇に謁見し、真木保臣らと共に過激な尊皇攘夷に走ろうとしましたが、八月十八日の政変で、尊皇攘夷派が京都から追放されると、益田は7人の公卿を連れ、兵庫に下ることになりました。

旧萩城三の丸の堀内に、益田家屋敷の一部が残っています。

旧益田家物見矢倉
IMG_1329 益田

武器を収納する倉を矢倉といい、天井が高いものは物見矢倉と呼ばれ、益田家屋敷が城下と結ぶ北の総門に近い位置にあったため、見張り台も兼ねていたそうです。

IMG_1331 益田家

かつて萩城の各総門に物見矢倉が配置されていましたが、現存するのはここだけとか。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

七卿落ち! 

尾道の鞆の浦にも「七卿」が宿泊してその跡を残しています。坂本龍馬の隠れ屋やいろは丸も引き上げられ展示されております。
鞆の浦には女子軍が大変多く訪れていますね。
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015年06月09日 04時34分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

鞆の浦は、紀行でも紹介されていましたね。
残念ながら、私はまだ行ったことがなくて・・
今思えば、尾道の帰りに、もう一泊して鞆の浦も見てくれば良かったかな~と。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年06月09日 09時42分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

↑で、四方さんが書いてられますが、鞆の浦、いいみたいですね。
最近色々な方のブログで鞆の浦見るのですよ。
行ってみたいな。
応援P

YUMIさんへ 

YUMIさんも鞆の浦は行かれたことないですか?

私も一度行ってみたいです。

女子旅に人気があるのですね!
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年06月09日 23時09分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー