大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

高杉東行終焉之地

高杉晋作は、肺結核のため、桜山で療養生活を余儀なくされ、正妻のマサが看病のために萩から訪れたことを機に、下関市新地の林算九郎宅に移りましたが慶応3年4月14日(1867年5月17日)息をひきとりました。(享年27)
まさに明治維新の直前のことでした。

臨終には、両親・妻子、野村望東尼、山県狂介、田中顕助が立ち会ったとされています。(諸説あり)

辞世の句

おもしろきこともなき世におもしろく

高杉晋作


と死の床にあった晋作が詠み、晋作を看病していた野村望東尼が

すみなすものは心なりけり

野村


という下の句をつけたと言われています。

下関市新地町の妙蓮寺前に、高杉東行終焉之地の碑があります。

IMG_1697 高杉

IMG_1695 高杉

IMG_1696 高杉

高杉東行終焉之地

  高杉晋作(号・東行)は、天保10(1839)年8月20日、萩藩士高杉小忠太の嫡男として萩城下に生まれ、藩校明倫館に学ぶ傍ら、松下村塾で吉田松陰に師事して志操を養いました。
 文久3(1863)年6月、攘夷の決行で外国艦に砲撃された下関を防衛するために来関し、直ちに奇兵隊を結成しました。奇兵隊は「志」があれば庶民でも入隊を許した画期的な軍隊でした。元治元(1864)年8月には、欧米列強との下関戦争の戦後処理にあたり、また同年12月には長府功山寺で挙兵して藩論を倒幕へと導きました。
 慶応2(1866)年6月からの四境戦争(第二次長州征伐)では、奇兵隊などの諸隊を率いて幕府軍を小倉口で撃退しましたが、既に病に冒されており、慶応3(1867)年4月14日、新地の庄屋林算九郎邸の離れ屋で没しました。27年と8月の短い生涯でした。
 遺骸は、奇兵隊陣屋近くの吉田清水山に運ばれ、葬儀は白石正一郎が祭主となって神式で行われました。
 この碑は、大正15年(1926)5月に再建されたもので、碑銘は書家としても著名であった長州藩出身の貴族院議員野村素介(素軒)の揮毫です。
下関教育委員会


応援してくださっている皆様へ

Facebookuへの連携、いいね!が押せない状態が続いています。
こちらでブロックしているわけではないのでご了承ください。
いったいいつになったら直るのでしょうね~



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

高杉晋作終焉の地碑! 

27歳の若さで亡くなった「晋作の想い」はどうだったのでしょうか!
辞世の上句にほんの少し、考えさせられます!
FB多くの人が利用しているので、結構おかしくなります!
FBの新しいい「記号」を入れてみられましたか?
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015.09/09 05:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

ここでもまた20代で亡くなる人が…
高杉晋作が維新を迎えたら、またちがった時代にもなったでしょうに。
応援p
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2015.09/09 10:16分 
  • [Edit]

四方さんへ 

辞世の句・・・みな上手く作りますよね。
私は、死を目前にして、人はそんなに冷静になれるものかと思ってしまいますが。

>FBの新しいい「記号」を入れてみられましたか?

そんなことできるのですか?

  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.09/09 11:35分 
  • [Edit]

YUMIさんへ 

高杉さんも維新を迎えたとしたら・・・

明治政府はまた違う方向に動いて行ったかもしれませんね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.09/09 11:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

もし肺結核という病が
不治の病でなかったら
世の中は変わっていたかもしれないですね。

「もし」「れば」は言っても仕方がないのですが…

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2015.09/09 21:53分 
  • [Edit]

よっちんさんへ 

そうですよね~

今では治る病でも当時は助からなかったものもありますからね。

高杉さん、あの世から、今の世をどのように思っているでしょう?
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.09/09 22:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

若くして病に負けてしまったとは
とても残念です。
それにしても若いな。
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2015.09/10 20:16分 
  • [Edit]

せいパパさんへ 

こんばんは!
コメントありがとうございます。

長州の幕末の志士たちはみな若死にですね。
病で死ぬとは無念だったと思います。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.09/10 22:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析