大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

禁門の変(1)石清水八幡宮(男山八幡宮)

池田屋事件から10日経った1864年(元治元年)6月15日、来島又兵衛は遊撃隊を率いて先発し、翌日には、久坂玄瑞も、真木和泉、入江九一らと御所を目指し、24日に天王山を占拠、別働隊は、伏見と嵯峨野に布陣しました。
久坂の目的は、幕府と戦うことではなく、冤罪を晴らすことでした。久坂は、嘆願書を起草し、朝廷、幕府に差し出しましたが、朝廷も幕府も聞く耳持たずで、一ツ橋慶喜は、7月18日、長州軍に退去を命じました。

これを受けて、筆頭家老の益田右衛門介が陣取る男山八幡宮の本営で、長州藩の会議が開かれ、幹部およそ20人ほどが集結。
来島又兵衛、真木和泉らは、全軍で御所に進撃し、帝への目通りを願うべしと主張。
久坂をはじめ、桂小五郎(木戸孝允)、高杉晋作らは慎重な姿勢を取るべきと主張しました。
久坂は、一旦兵庫まで退き、毛利元徳と三条実美らの到着を待ち、あくまで戦いでなく、話し合いでの解決をすべきと主張。
対する来島は、「医者坊主の分際で何をぬかす!臆病者は、東寺の塔でも上がって眺めていればよい。」と久坂を罵倒。真木も来島に同意し、「進撃」と決定しました。
軍議後、久坂は、入江九一らと淀川の谷水で、別れの水杯を交わしまし、天王山の陣に戻りました。

数年前、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)を訪れました。
石清水八幡宮は京都府八幡市の男山山頂に鎮座する神社で、京都の鬼門(北東)にある延暦寺と対峙して京都の裏鬼門(南西)を守護する神社です。
源氏の源義家は、石清水八幡宮で元服し、自らを八幡太郎義家と名乗りました。
義家の父である源頼義が石清水八幡宮を河内源氏の本拠地・河内国石川郡壷井(大阪府羽曳野市壺井)に勧請したのが壺井八幡宮であり、後に鎌倉由比郷鶴岡(由井若宮)にも勧請し、1180年に源頼朝が現在地に移したのが鶴岡八幡宮です。
また、後白河上皇もたびたび当社に参詣しています。
八幡神は、源氏の氏神として知られ、源氏は全国各地に八幡大神を勧請しました。
明治の初めには官幣大社に列せられ、「男山八幡宮」と改称されましたが、「石清水」の社号は創建以来の由緒深い社号であるため、大正7年には再び「石清水八幡宮」と改称されました。

男山の頂まで行きはロープウェイで上がりました。

img_5821_c B

img_5826_c B

わずか3分ほどで、頂上に到着。
そこからは徒歩で坂道を登ります。

参道を進み、本殿へ向かいます。

まず目を引くのが参道沿いにある石灯籠です。

img_5834_c B

形がまちまちで、不揃いなのは初めて見ました。

img_5840_c B

img_5843_c B

img_5845_c B

現在の社殿は、徳川三代将軍・家光によって寛永11年(1634)に造営されました。本殿は八幡造りで、その前には幣殿・舞殿・楼門と続き、周囲を18回廊が囲んでいます。

この時は、本殿は修復中で、仮本殿にお参りすることになりました。

帰りは、数々の史跡を見ながら徒歩で下山。

そして、表参道にある八幡宮の門前名物・走井餅(はしりいもち)のお店に入ってみました。

img_5887_c B

元々は、大津で江戸時代に創業した店で、大津の走井という名水を使い、餅や餡を作ったそうです。

それが、大津名物となり、歌川広重の錦絵「東海道五十三次」にも茶店として登場しました。

明治の終わりには、京都の八幡にも支店を出し、八幡名物となったそうです。

こし餡をお餅で包んだお菓子で、お餅がとってもやわらかく、餡はあっさり目でした。

img_5888_c B

八幡宮にお参りした後は、ここで一服が良いですね

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

石清水八幡宮! 

この石清水八幡宮とは大変縁があり、孫娘のお宮参りを含めて5回は参拝しています。
又、綾部産の足利尊氏公を楠正成公の弟正李の家来が、石段近くで尊氏公を討とうとして失敗もした所でもあります!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015.06/29 04:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

お餅で、冷酒!!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2015.06/29 05:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

立派ですね。岩清水八幡。
応援P
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2015.06/29 12:00分 
  • [Edit]

四方さん、シネマ大好き娘さん、YUMIさんへ 

いつもコメントありがとうございます。

ここは、一度行っただけですが、とても印象に残っています。
12月でしたが、わずかに紅葉も残っていて・・・
秋に行ったら頂上から素晴らしい景色が見られることでしょう。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.06/29 15:27分 
  • [Edit]

寒い 

こんにちは。いつもお世話になっております。
ここに行くと「先達はあらまほしきかな」の言葉を思い出します。
走井餅、美味しいですねー。気をつけないと、パクパク食べ続けてしまいます。おほほ。
  • posted by つねまる 
  • URL 
  • 2015.06/29 19:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日も仕事で
帰宅が遅れてしまいます。
訪問だけで失礼します。
申し訳ありません。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2015.06/29 20:39分 
  • [Edit]

つねまるさんへ 

こんばんは!
こちらこそいつもお世話になっています。

走井餅・・・ほのかな甘みが、歩き疲れたからだを癒してくれますね。
門前菓子とは実にありがたい物です。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.06/29 22:04分 
  • [Edit]

よっちん さんへ 

こんばんは!

お疲れ様です。
いつも訪問ありがとうございます。
お仕事頑張ってくださいね。

  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.06/29 22:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析