大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

幕末維新ゆかりの地(11)京都霊山護国神社 坂本龍馬・中岡慎太郎の墓

ここからは有料ゾーンです。

IMG_3148 護国

100円を入れて入場。

IMG_3096 霊山

階段を上がって行くと

IMG_3099 坂木・中岡

坂本龍馬・中岡慎太郎の墓があります。

IMG_3100 坂木・中岡

IMG_3102 坂木・中岡

IMG_3098 龍馬

坂本龍馬・中岡慎太郎の最期

 徳川慶喜大政奉還劇の大作者である坂本龍馬は、洛中においては河原町三条下る材木商酢屋嘉兵衛方に寓居していたが、遭難10日前に醤油商近江屋新助方に転居した。
坂本龍馬は、当時、最も幕府側から狙われていた志士で、新撰組・見廻組らの追及が急となり、藩邸の堀内慶助らの気遣いから近江屋を選んだのが仇となった。
 慶応3年(1867年)11月15日、午後6時ごろ中岡慎太郎が訪問。
この2、3時間後、会談中の彼らは刺客の襲撃に遭い、坂本龍馬は額を横に切られ、二の太刀は右の肩から左背骨にかけ、三の太刀で更に前額部を裂かれて悲痛なる一言を残して倒れた。
盟友・中岡慎太郎も前身に刀傷を負い、2日後の17日の夕方に息を引き取った。
 18日、近江屋において葬儀が行われ、ここ霊山に埋葬された。
坂本龍馬にまつわる逸話として、37年後の日露戦争の最中、昭憲皇太后の夢枕にひとりの侍の影が立ち現れて「微臣坂本にございます。このたびの海戦、皇国の大勝利に間違いありませぬ。不肖坂本、皇国海軍を守護しておりますゆえご安心願いあげます」と言い残すと消えたという。
  坂本龍馬。 志士中の一級志士と云っても過言ではない。

墓所
右   中岡慎太郎
左   坂本龍馬
左奥  下僕 藤吉

京都霊山護国神社(駒札より)

ここから京都市街が一望できます。

IMG_3103 護国

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

龍馬、慎太郎銅像が有名ですね。

長州藩士の墓が並んでいた記憶があります。
  • ラメール 
  • URL 
  • 2015年07月12日 02時38分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

100円なら、ただにしてほしいなあ~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2015年07月12日 04時13分 
  • [編集]
  • [返信]

ラメールさんへ 

今回は、長州勢のお墓を中心に見学してきました。

凄い数のお墓が立ち並んでいますね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年07月12日 08時49分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さんへ 

管理費がかかるからでしょうね。

100円でも、お参りする人の数が多いから、結構な額になるでしょう。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年07月12日 08時51分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

坂本龍馬はファンが多いから
ここにもやって来るのでしょうね。

龍馬伝が放映されていた頃は
すごい人出だったことでしょう。

応援ぽち

よっちんさんへ 

ここは、龍馬ファンをはじめ、幕末ファンなら必ず訪れるところでしょうね。
今回の龍馬さんは、いまいちピンときません(^_^;)
まだ出番が少ないせいからかな~?
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年07月12日 16時15分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー