大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

下関の末廣稲荷神社

北前船で賑わった下関には、遊郭街として稲荷町、裏町がありましたが、現在は街並みは変わり、わずかに末廣稲荷神社が往時を偲ばせてくれます。

ビルの合間を通り抜けて、末廣稲荷神社を参拝しました。

IMG_1808 稲荷神社

IMG_1809 稲荷神社

IMG_1811 稲荷神社

末廣稲荷神社

御祭神 倉稲魂神
例祭 三月牛の日
由緒 稲荷大明神。当社開基は人皇第五十一代平城天皇御宇
大同四年巳丑九月七日鎮座
  棟 札
奉造立稲荷社一間四面一宇
 右恙起者奉爲金輪聖王天長地久御願成就殊当
 将軍御息安穏国土静謐、当社大宮司子孫繁栄寿命
 長久(以下解読不明)大同四年丑九月吉祥日
 
 右の古文書が伝えている通り当社は平安時代初期の大同四年(西暦八〇九年) に祀られた下関最古の稲荷神社で古来商家の崇敬篤く赤間関の繁栄の 守護神として信仰されてきました。社の麓はもと稲荷町と言って日本の郭の 発祥地とも言われております。数々の妓楼、名岐(ママ)の名と共に稲荷町の名は全国に 鳴り響いたものです。井原西鶴、十返舎一九、頼山陽など古くから文人墨客が 訪れ幕末の志士、高杉晋作、伊藤博文、山縣有明、井上馨の夫人は 当地の出身であり全国からの参拝者も多くありました。
往時は背後に稲荷山を控え境内には末広さんの桜と称して大きな 桜並木があり信仰と憩いの場所でした。昭和二十年の空襲によりすべてを 焼失し稲荷町の面影はきえておわりました。其の後昭和二十八年に復興され ましたが近年社殿の打損がはげしくこの度たくさんの人々の奉賛によりまして 昭和六十一年十二月二十日に新社殿が朱も鮮やかに造営されました。

IMG_1812 稲荷神社

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

朱色がはえますね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2015.08/26 04:28分 
  • [Edit]

末廣稲荷神社 

末廣稲荷神社は下関発展の元のようですね!
大同4年(809)年に既に祀られた諭旨ですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015.08/26 06:19分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さん、四方さんへ 

ちょっとディープなところですが、下関の歴史を知る上にはこのような神社も欠かせませんね!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.08/26 13:41分 
  • [Edit]

NoTitle 

鳥居の向こうがビルって、なんかへんか感じですね。
応援P
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2015.08/26 15:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

北前船が寄港した街には
優れた食文化が残りましたね。

関西も北前船のおかげで
昆布で出汁をとる文化が生まれました。
ありがたいことです。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2015.08/26 17:25分 
  • [Edit]

YUMIさんへ 

今ではビル群の中に神社があるという景色になってしまったようです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.08/27 00:38分 
  • [Edit]

よっちんさんへ 

昆布→出汁→うどん

これが関西の食文化ですよね。

関西のうどん大好きです!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2015.08/27 00:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析