大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

薩長同盟

再び藩主・毛利敬親の側近として働くようになった小田村伊之助は、1865(慶応元)年5月、三条実美ら尊攘派五卿に会うため、太宰府の延寿王院を訪ねました。

IMG_8693 延寿王院

同月下旬、伊之助は薩長同盟画策のためにやって来た坂本龍馬と出会い、龍馬から薩長和解の重要さを伝えられ
桂小五郎との仲介を頼まれます。

伊之助はこれに応じ、桂と龍馬の間を取り持ち、長州と薩摩の歩み寄るための大事な役割を果たしました。

IMG_8692 延寿王院

延寿王院
 安楽寺天満宮留守別当大鳥居の宿坊で、宝暦4年(1754)桃園天皇より院号を賜った。
 慶応元年(1865)から約3年間、朝廷を追われた三条実美ら尊王攘夷派の五卿がこの延寿王院に滞在し、その間、西郷隆盛、高杉晋作、坂本龍馬、ら大勢の勤皇の志士達が去来して明治維新の策源地となった。


1866(慶応2)年1月、龍馬の仲立ちにより、桂と西郷隆盛の会談が京の二本松の薩摩藩邸で始まりましたが、会議のなかなか進まず、藩邸から少し離れた薩摩藩家老・小松帯刀邸に場所を移して続けられ、慶応2年1月21日(1866年3月7日)についに
薩長同盟が結ばれました。

二本松邸は同志社大学の敷地となり、現在は、同志社大学今出川キャンパス西門前に、薩摩藩邸跡の石碑が立っています。

IMG_9650 B

IMG_9649 B

此付近薩摩藩邸跡

現同志社構内の敷地一帯は、幕末に薩摩(鹿児島)藩々邸があった所である。京都薩摩藩邸がはじめに置かれたのは中京区錦東洞院であるが、そこが手狭なため、文久2年(1862)にここに大きな藩邸を設けたのである。敷地の広さ、5805坪(約1万9千平方メートル)、9棟の建物と多くの土蔵が立ちならんでいた。  
薩摩藩は、鎌倉時代以来の名家島津氏を藩主とする外様(とざま)の雄藩で、石高は約77万石。幕末に藩政改革に成功してから中央政局に発言力を強め、公武合体運動を展開、ついで長州藩と同盟して武力討幕に転じ、幕末、維新の政局の主導権を握った。藩邸はこうした活躍の根拠地であった。


一条戻り橋を渡ってすぐのところに小松帯刀寓居参考地の碑があります。

IMG_0071 戻橋

小松

当地は平安京の左京北辺二坊五町にあたる。
「蜻蛉日記」の著者藤原道綱母が住まいし、のち武将源頼光や道綱が引き継いだ平安時代の一条邸跡とされる。
付近一帯は、応仁の乱の洛中での最初の合戦地でもある。
応仁元年(1467)5月26日、東軍細川勝元方の京極持清は、この前を通って一条戻橋から西軍へ攻め入り、一条大宮で戦った。
そのため、当時この北方にあった革堂(行願寺)・百万遍(知恩寺)・誓願寺などが焼亡した。
以後洛中の寺社、貴族・武家邸がまたたくまに被災し、古代・中世都市平安京は壊滅する。
江戸時代には、筑前福岡黒田家邸となった。
同家御用達商人だった古高俊太郎(桝屋喜右衛門)も出入りしたと推定される。
元治元年(1864)6月5日、古高の政治活動をキャッチした新選組は彼を逮捕、池田屋事件の導火線となった。
なお当地の向かいは、五摂家筆頭の近衛家の堀川邸で、内部に「御花畑」があった。
薩摩島津家の家老小松帯刀は「御花畑」のある近衛邸を寓居としたとされるため、当邸は有力候補地といえる。
慶応2年(1866)1月、小松寓居には長州毛利家の桂小五郎(木戸孝允)が入り、その地で薩長同盟が締結された可能性がある。
当地付近は千年におよぶ、たえまない重要な歴史の舞台地であった。

歴史地理研究者 中村武生


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

太宰府の延寿王院! 

太宰府の延寿王院は院内見学はできませんでしたが、見事な門が良く目について撮影しています。
ここそれほど重要な討幕のことなど打ち合わせ検討されたのですね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015年08月24日 07時10分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

> 太宰府の延寿王院は院内見学はできませんでしたが、見事な門が良く目について撮影しています。
> ここそれほど重要な討幕のことなど打ち合わせ検討されたのですね!

太宰府に行った時は、この延寿王院について下調べして行かなかったので
今思えば、外側からでももっとよく見ておけば良かったと・・・(-_-;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年08月24日 11時05分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

薩長同盟を結んだ時って
ともに攘夷に失敗してるじゃないですか。

授業で習ったほどすんなりと
同盟を結べたのかなぁ…

応援ぽち

よっちんさんへ 

龍馬がいなければ、薩長同盟は成り立たず、また薩長同盟が成立しなければ、倒幕はなく、明治維新は実現しなかったでしょうね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年08月25日 00時49分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー