大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

吉田の奇兵隊ゆかりの史跡

奇兵隊陣屋跡から東行庵に向かう途中、吉田に残る奇兵隊の史跡を散策しました。

東行橋
IMG_6353 橋

高杉晋作の号「東行」のついた橋です。

IMG_6355 吉田

吉田は山陽道の宿場として栄えた所です。

IMG_6356 吉田

IMG_6357 吉田

吉田の一里塚
IMG_6358 一里塚

IMG_6359 一里塚

「吉田旧街道」の石標から東に曲がり、旧街道の町並みを散策していると、「奇兵隊史跡・末富家」が見えてきました。

末富家

IMG_6362 末富家

下関新地で亡くなった高杉晋作の遺骸は吉田に運ばれ、遺言により清水山中腹に葬られました。

末富家は吉田の庄屋であり、奇兵隊の本営に定められ、高杉の葬儀は、末富家から出ているのだそうです。

IMG_6361 末富家

また、末富家の邸宅は、外装は一部変わったが幕末当時のものなのだと。

IMG_6363 末富家

末富家の奥には「長慶寺」があります。

長慶寺

IMG_6364 長慶寺

長慶寺も奇兵隊の屯所の一つで、隊の病院として使われていました。

IMG_6367 長慶寺

IMG_6365 長慶寺

さきほどの「吉田旧街道」の石標から南に進むと、吉田の勘場御茶屋跡があります。

IMG_6368 御本陣


今では、土塀しか残っていない廃墟のようになっていますが、当時、本陣の役目をする御茶屋は勘場の隣接し、公儀の役人や参勤交代途中の大名などの休泊所になっていました。
幕末には奇兵隊の屯所としても使用されていたそうです。

IMG_6369 御本陣

晋作橋
IMG_6370 晋作橋

晋作の湯
IMG_6374 晋作の湯

何でも「晋作」がついているようです(^_^;)

「東行庵」まであともう一息!

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ 


スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

晋作の湯~はいってみたいです!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2015年10月21日 05時33分 
  • [編集]
  • [返信]

吉田の街! 

ひなびた吉田の街ですが、奇兵隊、特に高杉晋作を愛していろんなものに名前を付けていますね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015年10月21日 07時31分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さんへ 

晋作の湯!中はどうなっているのかな~?

興味津々(#^.^#)
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年10月21日 09時53分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

吉田は、まさに晋作一色の町と言えますね!
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年10月21日 09時55分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

ほんと晋作一色ですね。
幕末の建物の外観なのですか?
うーん、それは珍しいね。
応援P

こんばんは。 

 本陣とは大名がとまる宿、毒を盛られない様、鍋釜を持っている、家来が自炊したと言われてますが、
 脇本陣は、今の宿屋と同じ、料理は宿の作った食事を一行がとったと言われてますが、真偽のほどは、時代により異なるかも知れないですね。
 一里塚に榎を植えたのは、「異の木を植えよ」とか、「余の木を植えよ」を聞き間違えて榎にしたとか、いろいろ説がありますね。

 
 「 門松や冥途の旅の一里塚
     目出度くもあり目出度くもなし」 門松やを正月は、と言い換えているのもあります。

 年を取って来ると、上記の和歌が良く理解できます。

 細かいところまで良く調べて、かなりの厳しい旅だったと推測しています。

 コメントを書く方は気楽です。 ご苦労様です。

YUMIさんへ 

晋作の街を満喫しました。

幕末の建物の一部が残っているだけでも財産ですね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年10月22日 01時46分 
  • [編集]
  • [返信]

Minoruさんへ 

こんばんは!

またまた素晴らしい解析のコメントありがとうございます
m(__)m

Minoruさんのおっしゃるように、年を重ねてきて見えてくるもの、理解できるものってたしかにありますね。

今回の歴旅もかなりハードでしたが、「花燃ゆ完結編の旅」というテーマで計画し、ほぼ予定通りに取材できました。
その土地に足を運んで知ったことは、本で読んだ知識にプラスされたり、または塗り替えられたりという感じです。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年10月22日 01時58分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー