大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

湯田の御茶屋跡

湯田温泉の開湯は、約600年前、白狐が毎夜温泉に浸かっていたところを権現山の麓のお寺のお師匠さんが発見したとされています。

田んぼの真ん中から金色のお地蔵さんや、源泉が湧出したことが「湯田」の名前の由来だとか。

また、野原湯は湯田温泉の泉源といわれる場所で、湯田の御茶屋がありました。

江戸時代は、藩主専用湯、公衆用の中湯、女湯、下湯があり、入湯料は藩が管理のもと、細かく決められていたそうです。
毛利敬親も参勤交代の際、ここで入浴し体を休めたり、吉田松蔭らの勤皇の志士たちと密会していました。

この野原湯を管理していた野原家は、「湯別当」と呼ばれ、年間500匁を藩に上納していたそうです。

現在でも「湯別当野原」として営業しています。

IMG_6141 湯別当

IMG_6142 湯別当

IMG_6143 湯別当

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

冬は温泉ですね!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2015年11月14日 04時24分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

江戸時代は混浴が普通だったから
女性は銭湯に行った時だけ
肌を男性に見せる事には抵抗が無かったと
テレビでやってたのですが本当なのかな?
この説明だと温泉はちゃんと
区別されてるようだから
どういう違いがあるのか
知りたくなりました。

湯田のお茶屋跡! 

湯田の御茶屋で現在でも湯別当野原として営業しています!
江戸時代のほんの初期のみ混浴でしたが、江戸幕府の禁止令で男女別となりましたが、下の湯殿は大きくて続いていたそうです。
早朝のみ女湯には同心・与力は無料で入れたそうですね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2015年11月14日 07時12分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さんへ 

急に寒くなってきましたね。

そんな時は、温泉で温まりたいですね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年11月14日 09時53分 
  • [編集]
  • [返信]

せいパパさん、四方さんへ 

四方さん、補足ありがとうございましたm(__)m

温泉の歴史も辿ると興味深いですね。
女性としては、混浴は抵抗あるな~(^_^;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年11月14日 09時56分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

四方さんの説明もありがとうございます^ ^
温泉いきたいなー。
応援P

YUMIさんへ 

いつも皆さんに補足していただいて、やっと一つの記事となっていることに感謝しておりますm(__)m

温泉の後のお酒も楽しみたいですね(^_-)
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年11月14日 11時38分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

土日ともに休日出勤で
今日も帰宅が遅くなります。
訪問だけで失礼します。

いつもコメントをいただく皆さんに
申し訳ない気持ちでいっぱいです(T_T)

来週を乗り切れば仕事の方も
落ち着くとは思うのですが…

応援ぽち

よっちんさんへ 

よっちんさん、今日もお忙しい中、訪問ありがとうございました。
お仕事頑張ってくださいね!

おやすみなさい。
  • しずか 
  • URL 
  • 2015年11月15日 01時23分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー