大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

忌宮神社 (下関市長府)神門~鬼石

長府の忌宮神社は、式内社で、旧社格は国幣小社。

IMG_2322 忌宮神社

長門国二宮とされ、飛地境内として国の天然記念物満珠島干珠島を有しています。

仲哀天皇が、西国平定のためこの地に豊浦宮(とよらのみや)を設けられた跡といわれ、祭神は、仲哀天皇・神功皇后・応神天皇を祀っています。

延元元年(1336年)、足利尊氏が忌宮神社で戦勝祈願を行い、延元2年(1337年)に法楽和歌を奉納。
長府毛利家の厚い庇護を受け、境内社として歴代藩主を祀る豊功神社も置かれました。

夏祭として8月7日から1週間くりひろげられる数方庭祭は天下の奇祭として有名です。

長門国二ノ宮 旧国幣社 忌宮神社 由緒
忌宮神社は、第十四代仲哀天皇が九州の熊襲を平定のため御西下 この地に皇居豊浦宮を興して七年間政治を行われた旧址で、天皇が筑 紫の香椎で崩御せられたのち御神霊を鎮祭す。その後聖武天皇の御 代に神功皇后を奉祭して忌宮と称し、さらに応神天皇をお祀りして 豊明宮と称す三殿別立の古社(延喜式内社)であったが、中世における火災 の際中殿に合祀して一殿となり、忌宮をもって総称するようになった 忌とは斎と同義語で、特に清浄にして神霊を奉斎する忌みである。
現在の社殿は明治十年の造営で、昭和五十六年に改修す。
古来、文武の神として歴朝の尊崇武将の崇敬篤く、安産の神とし て庶民の信仰を受け、長門の国二ノ宮として広く親しまれている。(駒札より)

珍しい形の石灯籠
IMG_2325 忌宮神社

拝殿
IMG_2324 忌宮神社

IMG_2329 忌宮神社

IMG_2330 忌宮神社

IMG_2334 忌宮神社


本殿
IMG_2332 本殿


高良社
IMG_2333 高良社


鬼石
IMG_2326 石鬼

IMG_2327 石鬼

IMG_2328 石鬼

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

桜~早く咲いてほしいです!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.01/03 02:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

各地の二宮には
私は注目してなかったな
今度からは注意深く調べてみよう。
応援ポチポチポチ!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.01/03 05:53分 
  • [Edit]

石鬼! 

石鬼!の由来珍しいですね!
自然石を使った巨大な石灯籠も見事です!
式内社は2種類あり延喜式内社と明治政府が明治9年各府県に調査を命じて式内社としたのもあります。式内社は全て素晴らしいですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.01/03 06:57分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

次の桜が咲くまでに、昨年の桜の記事を終わらせたいです(笑)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.01/03 09:42分 
  • [Edit]

せいパパさんへ 

下関でも長府のエリアはまた違った雰囲気のするところですね。
とても気に入りました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.01/03 09:44分 
  • [Edit]

四方さんへ 

私も石鬼については初めて知りました。

巨大な石灯籠は、他でも見たのですが、山口には多いのですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.01/03 09:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

神社の名前に「忌」という字を使うって
なんだか不思議な気がします。

今日は紋を連れて散歩に行くと
汗をかきました。
こんなに暖かい正月三が日は
記憶にありません。

異常気象の前兆でなければいいのですが…

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.01/03 12:38分 
  • [Edit]

よっちんさんへ 

私も同じ疑問を持ったので、「忌」について調べてみました。

「忌」について
他の語の上に付いて複合語をつくり、汚れを清めた、神聖な、の意を表す。「―火」「―殿(どの)」

という使い方があるそうです。

本当に年末年始が例年より暖かくて嬉しい反面、異常気象の不気味さも感じています。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.01/03 17:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析