大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

日清講和記念館・春帆楼(下関)(1)伊藤博文・陸奥宗光胸像

明治28年(1895)3月19日、清国の使節団を乗せた船が亀山八幡宮沖に到着。
日清戦争の講和会議が、下関の春帆楼の二階大広間を会場に繰り返し開かれ、日本全権弁理大臣は、伊藤博文
陸奥宗光、清国講和全権大臣李鴻章を主軸とする両国代表11名が臨み、4月17日、日清講和条約(下関条約)が締結されました。

日清講和記念館
IMG_1852 講和記念館

IMG_1853 講和記念館

その際、会議で使用された調度品や貴重な資料などが展示されています。

春帆楼
IMG_1857 春帆楼

IMG_1856 石碑

この地はもとは、阿弥陀寺の方丈のあったところで、阿弥陀寺が廃寺となった後、中津藩の眼科医・藤野玄洋が買収して、1877年(明治10年)に月波楼医院を開院。
玄洋の死後、明治14~15年頃、夫人のみちがこの医院を改装し、旅館兼料亭として、伊藤博文の命名により創業を開始したといいます。

伊藤博文・陸奥宗光胸像
IMG_1854 胸像

IMG_1854 胸像2

IMG_1855 胸像

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

伊藤博文さまは、有名ですが・・隣の人は知りません>_M
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.02/02 05:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

日清講和記念館! 

>日清戦争の講和会議が、下関の春帆楼の二階大広間を会場に繰り返し開かれ、日本全権弁理大臣は、伊藤博文と
陸奥宗光、清国講和全権大臣李鴻章を主軸とする両国代表11名が臨み、4月17日、日清講和条約(下関条約)が締結されました。
此処で李鴻章が一市民に撃たれて、日本側は大幅な譲歩となったのですね!

  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.02/02 05:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こうやって読むんでみると
素晴らしい地で私は生まれたんだなと
思ってしまいました。
応援ポチポチポチ!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.02/02 10:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

シネマ大好き娘さんへ 

教科書に載っている人ですよ!(#^.^#)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.02/02 11:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

四方さんへ 

四方さん、そのような歴史の大舞台となったところに立てて感動しました!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.02/02 11:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

せいパパさんへ 

下関は数歩歩くだけで、史跡があるような歴史を至る所で感じることのできる街ですね!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.02/02 11:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

今日は仕事が山積みで
まだしばらく仕事に追われます。

訪問だけで失礼します。
申し訳ありません。

明日は節分ですね。いい日をお過ごしください。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.02/02 21:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

よっちんさんへ 

こんばんは!

お忙しい中、いつも訪問ありがとうございます。
お仕事頑張ってください。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.02/02 22:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析