大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

李鴻章の宿舎となった引接寺(下関)

下関の引接寺は、永禄3年(1560)に一徳和尚が豊前国の黒田村より移設した寺院です。

IMG_1834 引接寺

慶長3年(1598)、小早川隆景の遺言で、隆景の菩提寺として再興しました。

慶長12年(1607)から文化8年(1811)の204年間に、12回朝鮮通信使が日本に派遣され、朝鮮通信使の宿泊所となりました。

1769年に長府藩第9代藩主・毛利匡満によって再建された三門は下関市指定文化財となっています。

IMG_1837 引接寺

IMG_1835 引接寺

IMG_1838 引接寺

明治28年(1895)日清講和条約の為に来日した清国全権大使、李鴻章一行の宿舎となりました。

IMG_1836 引接寺

昭和20年(1945)戦災により本堂、庫裡を焼失しますが、三門、鐘楼のみ残りました。

平成8年、本堂、庫裡が再建されました。

本堂
IMG_1839 引接寺

IMG_1842 引接寺

引接寺の墓所には、入江和作(後の野村靖)の墓があります。

天保13年(1842年)、長州藩の下級武士(足軽)の次男として生まれ、兄に入江九一、妹にすみ子(伊藤博文の最初の妻)がいます。
兄が、入江氏を継承したため、野村氏を継承。
吉田松陰の松下村塾に入門し、尊王攘夷に傾倒。
老中・間部詮勝の暗殺計画が露見して兄と共に投獄されたり、文久2年(1862年)にはイギリス公使館の焼き討ちに参加。
第二次長州征討でも活躍しました。
和作は、高杉晋作が四国に亡命する際の旅費などを援助したといいます。

三門の天井には、左甚五郎の作といわれる龍の彫刻があります。

IMG_1843 引接寺

IMG_1844 引接寺

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

見事な彫刻ですね!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016年02月04日 04時26分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

今日は応援のみで
また遊びに来ますね。
応援ポチポチポチ!

李鴻章の宿舎となった引接寺(下関) 

李鴻章の宿舎となった引接寺(下関)はやっぱり中国の首席交渉代表の泊まる宿舎ですね。見事な三門など吃驚です!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016年02月04日 07時04分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さん、せいパパさん、四方さんへ 

皆様、いつもコメントありがとうございます。

ここは、彫刻が素晴らしいと聞いて向かったのですが、李鴻章の宿舎となったなど由緒あるお寺でした。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月04日 12時20分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

下関条約は
「戦争は勝てば金や領土が手に入る」という
意識を国民に植えつけたでしょうね。

まあ、それが当時のスタンダードだったわけでしょうが。

応援ぽち

よっちんさんへ 

よっちんさん、こんばんは!

下関条約といえば、歴史の授業で、「条約の内容と賠償金の使い道」について覚えさせられた記憶があります。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月04日 22時41分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー