大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

能発祥の地・長昌寺

前橋市紅雲町の芳林山長昌寺

1 2cff62ec2f43d35fd373caf7e6a729b1

長昌寺は延徳元年(1489)に創建されました。
武蔵国(埼玉県)児玉郡骨波田村長泉寺の大洞禅師が開山で、厩橋城主の長野信濃守方業の開基とされています。

戦国期、上杉氏、北条氏、武田氏、北条氏らの攻防の中、厩橋城の支配者はめまぐるしく変遷。
天正9(1581)年には火災のため焼失し、城主の北条高広が現在地に再建。

2 ac9b8fb6a145b416dd311ed9d3707210

天正10年(1582)、武田家滅亡に伴い、織田信長から派遣され新しい城主となった滝川一益は、近隣の土豪を召集して城中で能興行を催すとともに、長昌寺には町民を集め、能興行鑑賞の機会をもうけ、これが、上州における初めての能興行と伝えられています。

3 78347b8daddabbfc2cb455ebc3b59600

6月11日、一益は長昌寺(厩橋)で能を興行しているが、総構を大竹にて二重につくるほどの厳重ぶりであり、上州衆を討ち果たす計略ではないかとの噂が北条高広の家臣らの間で流れるほどであったという。
本能寺の変の報に際し、沼須城主(北毛)の藤田信吉が反乱を起こし沼田城を攻めたが、城主・滝川益重から報告を受けた一益が2万の兵(新田の滝川豊前、小幡、安中、和田、倉賀野、由良、館林の長尾、箕輪の内藤)とともに駆けつけ鎮圧した(沼田城の戦い)。
旧武田領では武田家旧臣による一揆が起こり18日に北信の森長可が海津城を捨て美濃へ去り、同様に南信濃の毛利長秀も伊奈を放棄し、甲斐の河尻秀隆は同18日に武田遺臣により殺害された。
6月16日、信長の死に乗じ、小田原城の北条氏直(氏政の嫡男)、鉢形城主・北条氏邦(氏政の弟)、北条氏政、北条氏照、北条氏規ら総勢5万6千の北条軍が上州倉賀野に侵攻してきた。
一益は、厩橋城に滝川忠征、松井田城に津田秀政と稲田九蔵の兵1,500騎を置き、1万8千の兵を率いて和田に陣を構え北条勢を迎え撃ち、18日の初戦は滝川勢が勝利したが、翌19日の合戦では北条勢が勝利した。この時、篠岡、津田、太田、栗田など500騎が踏み止まって討死し、上州衆では木部貞朝、倉賀野秀景の子(五郎太、六弥太)等が討死した(神流川の戦い)。
同夜、一益は倉賀野城を経て厩橋に戻り、城下の長昌寺において戦死者の供養を行った。20日一益は人質であった北条高広の次男を返し、そして同夜、上州衆を箕輪城に集め別れの酒宴を開いたという。一益は太刀、長刀、金銀、秘蔵の懸物等を上州勢に与え、その夜、箕輪城を旅立った。
(Wikipediaより)

長昌寺の本堂前には、本城氏一族の墓の三基の五輪塔があります。

4 043020e678d9153c64373a6ee8e540ea

本城氏は出羽・最上義光の家臣で、本城満茂の所領は4万5000石と最上家中における最高の禄高でした。
しかし元和8年(1622)家臣団の内紛から57万石を没収され、領主の義光のみかろうじて1万石を与えられて、近江国に改易に。

厩橋城主・酒井忠生は、本城満茂をはじめとする一族郎党を家臣として迎え、最上衆と呼びました。
長昌寺のある柿宮村(現・紅雲町)周辺が最上衆の居住区になっていたと見られ、本城氏の有力幹部たちは長昌寺を菩提寺としていました。厩橋藩でも高い地位を与えれた本城氏は、長昌寺の有力な檀家となります。

寛延元年(1748)、酒井氏が姫路に転封されると、最上衆も従ってすべて姫路に去ってしまいました。

文化8年(1811)藩主の参勤交代で江戸勤務中だった本城満主が、家臣を長昌寺に派遣して、祖先の墓を調べさせ、墓の荒廃を直し、絵図面をつくらせました。

五輪塔は、満茂の妻や次女、満茂の後の本条城主になるはずだった親茂の墓。
小塔は、満茂の子、満信の墓と考えられています。

また、長昌寺の墓地には、新島襄の愛弟子である堀貞一とその家族も眠っています。

(長昌寺HP参照)

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ 



スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

能は当時は最先端ミュージックだったのかな?
庶民もあのスローな歌を口ずさんで
労働をしてたのかな〜
なんて想像したりして楽しんでます。
応援ポチポチポチ!

上州の能! 

>天正10年(1582)、武田家滅亡に伴い、織田信長から派遣され新しい城主となった滝川一益は、近隣の土豪を召集して城中で能興行を催すとともに、長昌寺には町民を集め、能興行鑑賞の機会をもうけ、これが、上州における初めての能興行と伝えられています。 貧乏籤を引いた滝川一益ですが当初は相当張り切っていたのですね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016年02月09日 05時42分 
  • [編集]
  • [返信]

せいパパさんへ 

そうですね~

今では古典芸能になるものも、当時は先端を行っていたのかも(#^.^#)
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月09日 11時18分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

前橋は、昨年の「花燃ゆ」ゆかりの地として訪ねたのですが、今年も滝川一益関連で登場しましたね!
一益さんもある意味お気の毒な方ですね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月09日 11時20分 
  • [編集]
  • [返信]

ノリノリ一益 

こんばんは。いつもお世話になっております。
しずか様、好き♪
わーい。長昌寺だー。ゆっくり拝見出来て嬉しいです。
息子と家臣にお囃子させて、自らがシテを演じているので、文武に精通した城主なりぃ~っと示したかったのかしら。
この頃の上演時間は今の半分ほどですが、初めて見る人々にはどうだったのかなぁ。聞いてみたいです。

NoTitle 

古典芸能には悲しいくらいに
私は無知なのですが
その中でも「能」については
全くの門外漢なんですよ。

一度くらいは本物を
見に行きたいですね。

応援ぽち

つねまるさんへ 

つねまるさん、こんばんは!(#^.^#)
いつもありがとうございますm(__)m

>この頃の上演時間は今の半分ほどですが

あっ、そうなのですか!
そういうことすら知らない能に疎いです(^_^;)
当時の人々の集中力って今と比べてどうだったのかな~?
それくらいがちょうどいいくらいだったのかもしれませんね。

これからもいろんなこと教えてくださいね!

  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月09日 22時30分 
  • [編集]
  • [返信]

よっちんさんへ 

よっちんさん、こんばんは!
お忙しい中コメントありがとうございます。

私は古典芸能の中では、唯一「歌舞伎」だけ見に行ったことが何度かあります。
その他も、実物を観れば興味が湧いてくるかもしれません。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月09日 22時32分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー