大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

本能寺の遺品が残る清洲の総見院

清洲の総見院は、織田信雄が清洲城主の頃、父・織田信長の菩提寺として建立した寺でしたが、清洲越により大須(名古屋市中区)に移りました。

IMG_3204 B

IMG_3206 B

現在の寺は、1644年、徳川義直の開基で、総見寺第3代住職・閩山永吃(みんざんえいきつ)和尚の隠居所として始まったと伝わっています。

IMG_3207 B

境内には、信長・義直・みん山の墓碑3基があり、寺には織田信雄が本能寺の変の後、本能寺の焼跡から探し出したといわれる信長着用の兜が保管されているそうです。

1785年(天明5年)柏原織田家より奉納されたもので、家老生駒主水方綱、津田内蔵助頼利の由緒箱書きがあるそうです。

焼け兜の画像は↓

http://www.soukenin.jp/2_jihou/

総見院の歴史

江戸期以前

伊勢の安国寺である、虎關師錬開基の三重県三重郡大字西日野の神賛寺が1572年(元亀3年)、滝川一益との戦により焼失した。
織田信雄が父信長の菩提を弔うため、伊勢国桑名郡大島墟城地に安国寺を引き取り瑞恕忠嶽を開山として景陽山総見寺を建立した。
しかし、1585年(天正13年)、地震により大破したため尾張清洲の地に再建した。1610年(慶長15年)、清洲越しにより清洲城の城下町ごと名古屋へ移って遺跡となった。

清洲越以後

1644年(正保元年)に総見寺3世永吃閩山が加納姫(亀姫)の養い坊主であったため、京都に退隠するのを尾張藩主徳川義直が慰留し、総見寺址に隠居所として寺を再興した。
義直が興聖山総見院と名づけ、2代藩主光友が扁額を寄進した。
(Wikipediaより)

清洲の総見院は、拝観無料ですが、見学は要予約のようです。

また清洲に行く機会があったら、今度は信長の焼け兜を見てみたいです!

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

兜が焼けてるんですか?!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016年02月23日 02時47分 
  • [編集]
  • [返信]

清州の総見院! 

織田信雄創建の総見院には本能寺での焼け兜(南蛮兜)があるそうですね!
一度見て見た亥ですね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016年02月23日 05時28分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

東海地方や近畿には
ほとんど行った事が無くて
行きたいなと
つくづく感じます。
応援ポチポチポチ!

シネマ大好き娘さんへ 

本能寺の焼け跡から発見されたという兜だそうです!
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月23日 11時27分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

この時は見ることができなかったので、また機会を作って出向きたいと思っています!
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月23日 11時28分 
  • [編集]
  • [返信]

せいパパさんへ 

せいパパさんのところからだと遠いですね。

私のところからは行きやすいのですが、名古屋は意外と行く機会が少ないです。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月23日 11時30分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

清州は…というか
愛知県は素通りするばかりで
ゆっくり訪ねることがありません。

でも、どうしても大阪からだと
岐阜や信州の方が
魅力的なんですよねぇ。

応援ぽち

よっちんさんへ 

こんばんは!

最近は名古屋に行くことが少なくなり、過去に行ったこの清洲の写真を見ていたら、またゆっくり訪ねてみたくなりました。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年02月23日 22時28分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー