大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

和布刈神社(門司)

関門海峡の海底トンネルを抜けて、門司側に渡ると、すぐに和布刈神社があります。

IMG_2073 和布刈

IMG_2085 和布刈

境内の目の前は壇之浦。

関門海峡の一番幅が狭く潮の流れが速い早鞆瀬戸(はやとものせと)に面した九州側に建っています。

IMG_2084 和布刈

鳥居の手前の左右の石灯籠は、細川忠興が寄進した石灯籠といわれています。

IMG_2084 灯籠2

和布刈神社は、神功皇后の三韓征伐後奉祀されたもので、仲哀天皇9年(200年)創建とされ、古くは「隼人明神」とも呼ばれました。

IMG_2083 和布刈

IMG_2086 和布刈

海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年)足利尊氏、応永年間(1394年~1428年)大内義弘、天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられ、現在の社殿は明和4年(1767年)小倉藩主小笠原忠総の再建によるものです。

壇ノ浦の戦いの前夜には平家一門が酒宴を開いたと伝えられています。

「和布刈」とは「ワカメを刈る」の意であり、毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)が行われます。
和銅3年(710年)には神事で供えられたワカメが朝廷に献上されているとの記述が残っており、福岡県の無形文化財に指定されています。

IMG_2082 和布刈

IMG_2087 和布刈

IMG_2088 和布刈

和布刈神社

 九州最北端に位置するこの神社は、社記によると、仲哀天皇九年に比賣大神、日子穂々手見命、鵜〔茲鳥〕葺不合命(うがやふきあえずのみこと)、豊玉日賣命、安曇磯良神の五柱の神を祭神として、創建され、江戸時代までは、速戸社(はやとしゃ)とか隼人(はやと)社と呼ばれていました。

 近世末までは、時の領主である大内氏、毛利氏、小笠原氏の崇敬庇護厚く、神殿前には細川忠興公が寄進した灯籠があります。

 この神社には古くから和布刈神事が伝えられていますが、李部王記によれば、和銅三年(710)に和布刈神事のわかめを朝廷に献上したとの記録があり、奈良時代から行われていたものです。

 神事は、毎年旧暦大晦日の深夜から元旦にかけての干潮時に行われます。三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って海に入り、わかめ刈り採って、神前に供えます。

 わかめは、万物に先んじて、芽をだし自然に繁茂するため、幸福を招くといわれ、新年の予祝行事として昔から重んじられてきたものです。

 神事のうち、わかめを採る行事は、県の無形民俗文化財に、また、当神社に伝存する中世文書九通は、市の有形文化財に指定されています。


北 九 州 市     
北九州市教育委員会




早鞆稲荷
IMG_2089 和布刈

IMG_2090 和布刈

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

和布刈神社(門司)! 

>関門海峡の海底トンネルを抜けて、門司側に渡ると、すぐに和布刈神社があります。
門司側から見る関門橋も絶景デスネ!
又、九州最北端の和布刈神社のワカメ取りの神事は正に神社の名前の通りで、見事な神社です!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016年03月30日 04時56分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

茨城には海を望む神社は
数カ所しかなくて
海のそばに神社があるのは
1ヶ所しか知らないです。
素晴らしい景色ですね。
応援!

NoTitle 

インフルエンザの熱はおさまり
医者に無理を言って
明日からの出勤を許してもらいました。
(絶対にマスクは外すな、
周囲の人と極力会話をするな…が条件)

ああ、和布刈神社にも行かれたのですね。
松本清張氏の作品では
容疑者と思われる人物が
殺害時間に和布刈神社で神事を撮影し
そのネガを持っていることが
アリバイになっていたんですよ。

応援ぽち

四方さんへ 

この神社は、10年前にも参拝して、非常に印象の残った神社でした。
再び参拝できてよかったです!
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年03月30日 21時30分 
  • [編集]
  • [返信]

せいパパさんへ 

こんばんは!

海に面している神社は絵になりますね!
台風の時は怖そうですけど・・・(^_^;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年03月30日 21時32分 
  • [編集]
  • [返信]

よっちんさんへ 

こんばんは!

え~~大丈夫ですか?
決して無理なさらぬように!

松本清張の作品に登場するのですね。
読んでみたいです!

  • しずか 
  • URL 
  • 2016年03月30日 21時34分 
  • [編集]
  • [返信]

めかり~♪ 

こんにちは♪いつもお世話になっております。
もちろん初めは謡曲「和布刈」を、わぬのがり、と読みました。ほほほ。
関門海峡で一番狭く流れが速いのですか。なるほど。母と「木曽川みたいねー」と騒いだのもむべなるかな。えへ。
庇護した面々の豪華なこと!さすが要衝の関門海峡に鎮座するお社ですね。

つねまるさんへ 

こんばんは!
さきほど京都から帰って来ました。
今年第一弾の旅です!

私も初めは「和布刈」が読めませんでしたよ(^_^;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年04月01日 02時31分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー