大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

千利休(2)南宗寺 利休の供養塔

大阪・堺の南宗寺は、茶人の武野紹鴎千利休が修行をした寺院です。

IMG_4058 B

天正2年(1574年)の松永久秀の兵火で焼け、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣による焼失後、当時の住職であった沢庵宗彭よって現在の場所に移転して再興されました。現存する仏殿、山門などは、沢庵の没後、17世紀半ばに整備されたものです。太平洋戦争の空襲で開山堂、実相庵、方丈、庫裏を失いましたが、実相庵、方丈は再建されました。

境内には国指定名勝の枯山水の庭、国指定重要文化財の仏殿・山門・唐門、千家一門の供養塔、武野紹鴎の供養塔、三好一族の墓所、津田宗及一門の供養塔、利休好みの茶室・実相庵、坐雲亭などがあります。

山門 

IMG_4062 B

IMG_4063 B

正保4年(1647年)の建立で、甘露門ともいいます。
三間一戸、入母屋造、本瓦葺きの楼門。二階建ての禅宗様と和様の折衷様式で、上層に手すりのついた縁がまわる楼門形式の門です。

唐門 

IMG_4114 B

IMG_4112 B

仏殿の右方にある門。柱間をつなぐ梁に彫られた模様や、柱の先に突き出た木鼻という彫物などが、仏殿や山門と同様の形をしていることから、同じ時期に建てられた建物と考えられています。

千家一門の墓

IMG_4085 B

IMG_4087 B

中央に利休宗易居士の碑、右に不審庵(表千家)、左に今日庵(裏千家)、官休庵(武者小路千家)の碑が立っています。

利休の茶の師である武野紹鴎の碑

IMG_4088 紹鴎

津田一門の墓

IMG_4107 B

利休と並び称される津田宗達、その子宗及一門の碑。今は、宗及の娘婿、半井ト養の墓碑も並んでいます。

方丈の枯山水庭園

IMG_4108 B

古田織部の作と伝えられ、国の名勝に指定されています。

水琴窟

IMG_4099 B

方丈庭横では、水琴窟の音を竹筒で聞けます。「曹渓の庭」に敷かれた那智黒石の一角より澄んだ水滴の音がしてきます。

茶室・実相庵

IMG_4101 B

IMG_4100 B

千利休好みと伝えられ、1963年に再建されたものです。二畳台目、平天井と蒲の落天井の二段構成。側壁は、瓢形に壁を残し、給仕口を開襖とし、にじり口を点前座より開けるといった特色があります。

紹鴎遺愛の六地蔵燈籠

IMG_4103 B

六地蔵のお姿がおわかりになりますか?

IMG_4105 B

仏殿 

IMG_4116 B

承応元年(1652年)建立の禅宗様仏殿。入母屋造、瓦葺き、一重裳階付き。内部は石敷きの土間で、中央仏壇上に本尊釈迦三尊像を安置。内部の天井には、狩野信政筆の「八方睨龍」が描かれています。
実際、仏殿の中を、龍の目を見ながら移動してみると、ずっと睨まれたままでした。

(堺観光ガイド、南宗寺パンフレット参照)

アクセス 阪堺線「御陵前駅」下車 徒歩10分

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ




スポンサーサイト

*Comment

堺の南宗寺! 

この寺は三度参拝しています!
見事な水琴窟と不思議なことに徳川家康公のお墓と廟が松下幸之助一行に再建されています。ここから小説家の隆慶一郎の「影武者家康」が生まれたと思慮しています。
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.06/27 04:50分 
  • [編集]

NoTitle 

枯山水~わびさびの世界ですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.06/27 05:12分 
  • [編集]

NoTitle 

千利休は茶人としか認識が無かったので
いろんな面がある方なんだなと
改めてわかってよかったです。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.06/27 05:20分 
  • [編集]

おはようございます。 

千利休は茶の名人としか
認識がなかったので色々の事を
教えていただき参考になりました。
方丈庭横で、水琴窟の音を竹筒で・・
素敵な音がしたでしょう
昔からあった音、考えると不思議な気がします。
  • posted by のんのん 
  • URL 
  • 2016.06/27 06:16分 
  • [編集]

四方さんへ 

三度も参拝していらっしゃるのですね!
ここは、大阪滞在中にホテルのロビーのPCで調べて知った次第で、ほとんそ下調べもせずに行ったのですが、いろんな要素が詰まったお寺で驚きました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.06/27 07:14分 
  • [編集]

シネマ大好き娘さんへ 

利休の死後も、わびさびの世界観が受け継がれていきましたね!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.06/27 07:15分 
  • [編集]

せいパパさんへ 

昨日の「真田丸」の中でも、「利休は、茶人としてだけでなく、堺の一商人にもある。」というセリフがありましたね!まさにその通りだと思いました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.06/27 07:17分 
  • [編集]

のんのんさんへ 

当時、生き抜いていくには、いろんな顔を持たなくてはいけなかったのだと思っています。

水琴窟の音に興味があるので、お寺で見つけると耳を傾けるようにしています!
それぞれ独特な音がしますね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.06/27 07:20分 
  • [編集]

こんにちは 

利休という人物は、
それは当時はあまりにもどでかい人物。
茶人としてだけではないところがまたスゴイ。
いい絵にいい話で感動でした。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2016.06/27 17:38分 
  • [編集]

マーチャンさんへ 

こんばんは!

利休をあの年で殺してしまうのは惜しい!
もっと生きていれば、豊臣政権は別の道を歩んでいたかも・・・とも考えてしまいます。
それほど秀吉には影響力のある人だったと。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.06/27 22:31分 
  • [編集]

NoTitle 

堺も最近は
千利休や与謝野晶子を
観光の目玉として
売りだそうとしていますね。

いまいち地味なのですが
どうなることやら。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.06/27 23:07分 
  • [編集]

よっちんさんへ 

堺は、歴史好きには興味深いところだと思いました。
私は一度行っただけですが、路面電車も面白かったし、またいつか行きたいと思っていますよ!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.06/28 00:31分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR