大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

足軽鑓衆(やりしゅう)の町(上田)

上田市内を散策中、足軽鑓衆(やりしゅう)の町の案内板を見つけました。

IMG_5557 鑓町

この辺り、昔は槍隊に属する足軽が住んでいたそうです。

IMG_5558 鑓町

220px-Lacquered_boxes_against_rain.jpg

戦国時代の足軽について

これまで足軽は戦闘の主役ではなかったが、戦国時代を迎え集団戦が本格化・大規模化していくと、訓練された長槍・弓・鉄砲の足軽隊が組織され備の主要な部隊として活躍するようになる。戦国時代後期には地位も向上して足軽大将の家禄は、200石から500石程度で中級の武士として認められる存在になった。兵卒の身分は依然として武士と農民の間に位置して低かったが、功を認められれば侍や特異な例ではあるが豊臣秀吉のように大名にまで出世する者もあった。

戦国期には歩兵の大集団による集団戦が確立されており、足軽の兵装もそれに沿ったものになっていた。一般的には皮革、あるいは和紙を漆でかためた陣傘(後に鉄板を切り抜き笠状に形成した陣笠に取って代わられる)、鉄の胴鎧、籠手、陣羽織を装着し、そのほか水筒、鼻紙、布にくるんだ米など(例:糒、握り飯、芋がら縄)を携帯していた。胴鎧に関しては、稀に和紙や皮革、竹でできたものも見ることができるが、現存しているのはほとんどが重量4kg前後の鉄製のものである。

足軽部隊は、槍組足軽、弓足軽、鉄砲足軽などに分類され、多くは集団で隊を編制して小頭の指揮に従った。『雑兵物語』で詳しく当時の生活や操典、心得などを知ることができる。戦国期の足軽は非常に重装備であり、大型の手盾をもたないことを除けば重装歩兵とも比較できる装備を整えていた(ただし、後期になると一部足軽は足軽胴を着用せず、代わりに羽織を用いるようになる)。四国では、足軽のやや上位に一領具足などが存在した。足軽は歩兵だが、一領具足は乗りかえ馬をもたないものの、乗馬をしていたことが『土佐物語』において記述されており、一領具足は歩兵の上位である騎兵としての役割がみられる。

概念によっては、雑兵(雇い兵)と混同されることが多いが、足軽は正式に登録された下級武士であり、雑兵は戦いがあるたびに金銭で雇われる軍兵のことである。
(Wikipediaより)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

>田市内を散策中、足軽鑓衆(やりしゅう)の町の案内板を見つけました。
良くまとまって理解できますね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.07/03 03:41分 
  • [編集]

NoTitle 

今の佐川さんですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.07/03 04:06分 
  • [編集]

おはようございます。 

上田の街も散策すると歴史を感じるところがたくさんあるのでしょう
10年ほど前に行った時など乗り換えだけで済ます街、
勿体ない事をしました。
  • posted by のんのん 
  • URL 
  • 2016.07/03 06:51分 
  • [編集]

四方さんへ 

四方さんもそうだと思いますが、ついつい案内板があると、誘われて見てしまいます(^_^;)
こうして脱線することが多いです(笑)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.07/03 07:53分 
  • [編集]

シネマ大好き娘さんへ 

そうそう!

時代は過ぎて、スタイルは変わっても、人々の生活には欠かせませんね!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.07/03 07:55分 
  • [編集]

のんのんさんへ 

上田には三泊した分、街の隅々まで見ることができました。
それでも、後で見落とした!と気付くところもありました(^_^;)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.07/03 07:57分 
  • [編集]

おはようございます 

なんとまた、
上田にはそんな歴史もあるんですか。
昔ながらの街道を今も垣間見れるところ。
それを今いちど思い出してみたらサイコー。
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2016.07/03 08:26分 
  • [編集]

マーチャンさんへ 

こんにちは!

上田は、真田氏によってつくられた街といっても過言ではないでしょうね。
街の至るところにある六文銭を見ればわかりますね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.07/03 11:10分 
  • [編集]

NoTitle 

上田に行きけっこう町を歩きましたが
ここは気がつかなかったですねぇ。

今度行く時には
訪れてみたいです。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.07/03 13:42分 
  • [編集]

よっちんさんへ 

こんにちは!
今日も暑いですね。

街を見るには、車より自転車、自転車より歩きの方が見落としが少ないでしょうね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.07/03 14:12分 
  • [編集]

こんばんは 

こんばんは。
今日は私の拙いブログにお越し下さってありがとうございます。
上田の町は行ったことがありません。
通過したことはありますけどね。
足軽を少し勘違いしていました。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2016.07/03 22:31分 
  • [編集]

自転車親父さんへ 

こんばんは!
訪問ありがとうございますm(__)m

足軽について、特に調べたことがなかったので、これを機に勉強になりました。

今年は、上田の町が真田で熱いですよ!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.07/03 23:07分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR