大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

醍醐寺 三宝院

醍醐寺三宝院は、醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊です。

永久3年(1115年)、左大臣 源俊房の子で、醍醐寺14代座主・勝覚が灌頂院(かんじょういん)として開き、後に仏教の三宝にちなんで現在の名に改めました。

康治2年(1143年)に鳥羽上皇の御願寺となっています。

その後、足利尊氏から厚く保護されますが、応仁の乱で焼失し、廃寺同然となります。

安土桃山時代、醍醐寺金剛輪院の院主であった義演豊臣秀吉の信頼が厚かったため、慶長3年(1598年)3月15日「醍醐の花見」が開かれることになりました。

この年の1月から3月に秀吉は何度か「金剛輪院」を訪れ、その改修を援助することに決めるとともに、縄張りを実施、秀吉が自らが基本設計をしたといいます。

義演は、金剛輪院を三宝院と改称し、三宝院庭園はこの花見を契機に整備されました。

秀吉の命で、「醍醐の花見」が終わった4月から多くの職人たちが金剛輪院の改修工事に携わることとなり、秀吉の死後は義演の手で続けられ、元和10年(1624年)までの27年間に及んで行われたといいます。

唐門
1 20160410_1405674

檜皮葺、黒漆塗り、金箔の桐紋の桃山期らしい豪壮な門。

3 20160410_1405679

5 20160410_1405694

4 20160410_1405687

表書院は、寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表する建造物であり、国宝に指定されています。

6 20160410_1405695

三宝院庭園
7 20160410_1405700

8 20160410_1405701

9 20160410_1405703

藤戸石
10 20160410_1405704

藤戸石は、阿弥陀三尊を表しています。
聚楽第から運ばれた由緒のあるもので、歴代の武将に引き継がれたことから「天下の名石」といわれています。

2016.3.30撮影
京都市都市緑化協会HP、Wikipedia、醍醐寺HP参照


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

天下の名石、実物みてみたいなあ!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.08/02 03:58分 
  • [編集]

国宝の醍醐三宝院と天下の名石! 

醍醐三宝院の表書院は、寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表する建造物であり、国宝に指定されているし、庭園の名石は見事です。
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.08/02 05:05分 
  • [編集]

おはようございます 

すごいこのブログに訪問させていただくと
歴史の重みを感じます。
醍醐寺。。京都は好きなので
お寺さんの名が出てくる場面があるとうれしい!
NHKの真田丸では秀吉が孫にみせようと
花さか爺を摸しましたが落ちちゃって・・・
昔も今も子孫は宝ですよね。
  • posted by のんのん 
  • URL 
  • 2016.08/02 06:56分 
  • [編集]

シネマ大好き娘さんへ 

この見事な庭園の中で、シンボルのようにそびえています!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/02 07:32分 
  • [編集]

四方さんへ 

おはようございます!

三宝院の庭園には、秀吉と義演の熱意を感じますね。
今もなおその素晴らしさを受け継いでいます。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/02 07:33分 
  • [編集]

のんのんさんへ 

おはようございます!

京都は何度行っても新しい発見があります。
この醍醐寺もまだまだ見逃しているところがありそうです。

「真田丸」では、秀吉と秀頼が、束の間でしたが、普通のおじいちゃんと孫のように見えました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/02 07:36分 
  • [編集]

NoTitle 

今日は仕事が山積みで
帰宅が遅くなるので
訪問だけで失礼します。

8月になって暑さも厳しくなりましたね。
どうか体調に気を付けて
この暑さを乗り切ってくださいね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.08/02 18:44分 
  • [編集]

こんばんは 

こんばんは。
私はまったく詳しくないですけど。
○○院と言うのは塔頭と言うのでしたかね。
それに当るのでしょうか。
退いた座主が居住するのですよね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2016.08/02 21:39分 
  • [編集]

よっちんさんへ 

こんばんは!

今日もお仕事お疲れ様です。
私はただ今終わりました。
夏休み中は、通常授業に加えて、夏期講習があるので、朝から晩まで・・・という日が少なくありません(^_^;)
お互い頑張りましょう!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/02 22:12分 
  • [編集]

自転車親父さんへ 

こんばんは!

おっしゃる通り、三宝院は、醍醐寺の塔頭です。

塔頭をたくさん持つ大きなお寺は、なかなかすべてを見ることはできませんが、春秋の特別公開の時に、少しずつ見学するようにしています。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/02 22:15分 
  • [編集]

NoTitle 

門もすごいですねぇ。
庭園も素晴らしいし、見に行きたくなりました。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2016.08/02 22:44分 
  • [編集]

みかん農家さんへ 

こんばんは!

この門だけでも三宝院!という感じがします。
こんな豪華な門だと、ついつい中まで見たくなりますよね~(#^.^#)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/02 23:01分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR