大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

伏見の古地図で散策(2)伏見桃山城

続いて伏見桃山城へ向かうことにしました。

古地図を購入したお店から坂道を登り、歩くこと20分桓武天皇柏原陵の入り口が見えてきました。

IMG_4351 fusimi

在世中に宇多野(うたの)への埋葬を希望したとされるが、不審な事件が相次ぎ卜占によって賀茂神社の祟りであるとする結果が出された改めて伏見の地が選ばれ、柏原陵が営まれた。『延喜式』に記された永世不除の近陵として、古代から中世前期にかけて朝廷の厚い崇敬を集めた。柏原陵の在所は中世の動乱期において不明となり、さらに豊臣秀吉の築いた伏見城の敷地内に入ってしまったため、深草・伏見の間とのみ知られていた。元禄年間の修陵で深草鞍ヶ谷町浄蓮華院境内の谷口古墳が考定され、その後幕末に改めて京都市伏見区桃山町の現陵の場所に定められた。(Wikipediaより)

IMG_4350 fusimi

IMG_4349 fusimi

IMG_4354 fusimi

伏見城花畑跡は1964年(昭和39年)に遊園地「伏見桃山城キャッスルランド」が建設され、園内には洛中洛外図に描かれた伏見城を参考にして5重6階の大天守と3重4階の小天守、櫓門などを伴った模擬天守が6億円(当時の金額)をかけて鉄筋コンクリート構造で造られた。

2003年1月、同遊園地は経営母体である近鉄によるリストラの一環で閉園したが、模擬天守は京都市民の運動によって伏見のシンボルとして保存されることとなり無償で京都市に贈与されたほか、敷地を含めて同市により伏見桃山城運動公園として整備された。ただし、模擬天守については耐震基準を満たしていないことから内部非公開となっており、バリアフリー対応などを含め改修に数億円かかるとされることから2012年10月時点でも具体的な活用予定は無い。

2007年10月、映画『茶々 天涯の貴妃』撮影のため東映が約1億円を負担し、望楼の下に虎の装飾がなされたほか、鯱を金色に塗り替えるなど大坂城に見立てた改修がなされ、これらの装飾は撮影終了後も同年内はそのままとなっていた。
(Wikipediaより)

伏見桃山城入口
IMG_4356 fusimi

IMG_4362 fusimi

IMG_4359 fusimi

IMG_4363 fusimi

IMG_4372 fusimi

伏見城の歴史を辿ると

伏見城は3度にわたって築城されました。
指月山伏見城、豊臣時代の木幡山伏見城、伏見城の戦いで焼失した後、徳川家康によって再建された徳川時代の木幡山伏見城に分類されています。
しかし、1619年に廃城になり、建物や部材は、二条城、福山城、西本願寺、御香宮神社、二尊院などさまざまなところに移築されました。
伏見城の跡には桃の木が植えられ、桃山と呼ばれるようになり、やがて桃山城、または伏見桃山城と呼ばれるようになりました。 

IMG_4369 fusimi

大天守
IMG_4377 fusimi

小天守
IMG_4379 fusimi

IMG_4378 fusimi

模擬天守といえども立派な建物ですね!

耐震工事を含め、改修には多額な費用がかかるとのことですが、いつか内部も公開になったら良いですね。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

模擬とは思えませんね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.08/16 02:16分 
  • [編集]

桓武天皇柏原陵と現在の伏見桃山城 

桓武天皇柏原陵は見ていません。
現在の伏見桃山城は40数年前一度見ただけですが、見事ですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.08/16 06:18分 
  • [編集]

シネマ大好き娘さんへ 

可愛らしいお城ですねv-351

残されて良かった(#^.^#)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/16 06:22分 
  • [編集]

四方さんへ 

おはようございます!

現在の伏見桃山城、見た目が綺麗なので、つい最近つくられたように見えますが、結構前につくられたものなのですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/16 06:27分 
  • [編集]

おはようございます 

本物のムカシの、
伏見城は見られませんから、
現存するものを私もまえ見ました。
このような歴史がある中に立つ物は、
こうした城郭はまた素晴らしいではありませんか。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2016.08/16 08:46分 
  • [編集]

NoTitle 

これだけ立派なのに
内部が公開されて無いのは
残念ですね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.08/16 09:23分 
  • [編集]

マーチャンさんへ 

こんにちは!

昔の伏見城はどんなものであったのか見てみたいです。
現存しなくとも、このような模擬天守があることで、存在したことだけでも後世に伝えていけますね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/16 14:24分 
  • [編集]

せいパパさんへ 

こんにちは!
調子はいかがですか?

建築物が老朽化しているため、内部の公開はされていないのでしょうが、最上階からの眺めも見てみたいですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/16 14:28分 
  • [編集]

NoTitle 

幼稚園か小学校低学年の遠足で
伏見桃山城に行った記憶があるんです。

お城よりもキャッスルランドの方が
印象深いですが(*^_^*)

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.08/16 18:57分 
  • [編集]

こんばんは 

こんばんは。
模擬の天守ですか。
それにしても立派ですね。
コンクリート製なのに耐震基準に満たないのですか。
それでは駄目ですね。
中がが見たいですよね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2016.08/16 20:14分 
  • [編集]

よっちんさんへ 

こんばんは!

そのキャッスルランド時代の様子も見てみたかったです。
遊園地は閉園してしまいましたが、シンボルの天守だけでも残されて良かったですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/16 22:45分 
  • [編集]

自転車親父さんへ 

こんばんは!

せっかくこれだけの規模の天守が残されているのに、内部が見られないのは非常に残念です。
外観重視で造られたのかしら?
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/16 22:48分 
  • [編集]

NoTitle 

これは本格的で素晴らしいですねぇ。
中が見れないというのは残念ですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2016.08/16 23:15分 
  • [編集]

みかん農家さんへ 

こんばんは!

これが建てられた当時は、まだ耐震基準が甘かったのでしょうかね。
後のことを考えて建てて欲しかったです。

  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/17 01:08分 
  • [編集]

NoTitle 

調子は日を追うごとに
上向きで入院生活も飽きてきましたが
薬の投与量が多いから
まだ退院出来ないようです。
残念・・・
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.08/17 06:47分 
  • [編集]

せいパパさんへ 

そうですか・・・

今、薬の量を見ましたが、飲み忘れないようにするだけでも大変ですね(・_・;)
もう少しの辛抱だと思って頑張ってくださいね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.08/17 07:18分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
21位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR