大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

真田父子犬伏の別れ

慶長5年(1600年)7月、徳川家康は、上杉討伐のため、関東へ下り、真田昌幸もこれに従いました。

一方、家康の留守中に、石田三成が挙兵し、諸大名に家康弾劾の13ヵ条の書状を送り多数派工作を始め、昌幸は下野国犬伏(現在の栃木県佐野市)で書状を受け取ったと言われています。

この時、昌幸は真田家の去就を決めるため、息子の真田信幸真田信繁らと会議を開きます。
昌幸は宇多氏を通じて三成と姻戚にあった関係から次男・信繁と共に西軍に、信幸は正室の小松姫が本多忠勝の娘であるため、東軍に与することとなり、真田家存続のために父子が決別することを決めました。
これを「真田父子犬伏の別れ」といいます。

inubushi.jpg

その会議の舞台となったとされるのが、栃木県佐野市犬伏新町にある新町薬師堂です。

4e5bb7ad70cd96e6fed10ac916eb28d8-960x720.jpg
画像:佐野市観光協会HPより

inubushinowakare.jpg

 慶長五年(1600年)、天下分け目の関ヶ原の合戦を目前に控えた7月21日、徳川家康について会津の上杉家討伐に向かった真田昌幸、信幸、信繁父子は下野国犬伏(現在の佐野市)に到着しました。そこで陣を張っていた父子のもとに石田三成から密書が届き、豊臣方に味方するよう書かれていました。この書状を受けて父子三人で話し合い、どちらが勝っても真田の家が残るよう、信幸(信之)が徳川方、昌幸と信繁(幸村)が豊臣方に分かれて戦うことを決断したとされています。
 その話し合いの場がこの薬師堂であったといわれており、すぐそばを流れていた川に架かっていた橋は、真田父子の別れ橋としてこの地に語り継がれています。


佐野市は、上田から東京に向かう途中に寄りたかったのですが、どうにも時間の都合がつかず、断念しました('_')
この薬師堂もいつか訪ねてみたいので、またの機会に、ゆっくりと佐野市を観光したいと思っています。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

戦争は悲しいですね~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016年09月04日 04時23分 
  • [編集]
  • [返信]

真田親子の犬伏せの別れ! 

真田親子の犬伏せの別れ!
と言ったのですか!これは知らなかったです。
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016年09月04日 05時39分 
  • [編集]
  • [返信]

おはようございます 

いよいよクライマックス。
こんなことがほんと、
ムカシあったんですね。興味アリの世界。
ますますたのしくなってきそうですね。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2016年09月04日 09時09分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

有名な話ですよねぇ。

でも、このおかげで信繁親子は殺されずに
九度山の蟄居ですんだのですから
昌幸はやっぱり策士ですね。

応援ぽち

NoTitle 

兄弟で敵味方に分かれる策を取ったのは
真田家だなと思っちゃうな。
応援!

NoTitle 

こんにちは。今日は残暑がかなりの威力でした(*‘∀‘)

佐野は何度か訪れたことがりますが、らーめんを食べて、厄除け大師でお参りするというコースでした。

こんばんは 

こんばんは。
今ちょうどTVでやってます。(笑)
家内が見てますよ。
私はこのシーンを本で読んで感動しました。
もうかなり昔のことですけどね。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2016年09月04日 20時19分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

そんな重大なことがこの小さなところで行われたのですね。
それはぜひこの場所に行ってみたいです。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2016年09月04日 23時21分 
  • [編集]
  • [返信]

皆様へ 

こんばんは!

今日は、真田家の最も有名なエピソードでした。
舞台となった場所は、この新町薬師堂の他にも説があるのですが、この小さなお堂の説を選んでみました。

「真田丸」でのキャストの方達の演技が見事でしたね。
今週もBSと総合と二回観ました。
来週は小松姫が大活躍のようです。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年09月05日 00時12分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー