大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

石田三成ゆかりの彦根の宗安寺

彦根城跡から夢京橋キャッスルロードに出ると、通りの真ん中に浄土宗の宗安寺があります。

20110618_1897546.jpg

20110617_1896750.jpg

井伊直政の正室・東梅院の父母の菩提を弔うため上野国箕輪に建立された安国寺を前身とします。
井伊直政が高崎城主となると安国寺は移転。1601年佐和山入城に伴い、佐和山城下へ移され、宗安寺と改名。
1603年、彦根城築城の際、現在の地へ移転されました。

赤門は、石田三成の佐和山城の表門を移築したものと伝えられています。

20110617_1896751.jpg

20110617_1896752.jpg

現在の本堂は、江戸時代中期に長浜城付属御殿を移築したものです。

20110617_1896769.jpg

20110617_1896761.jpg

また、本尊の阿弥陀如来立像は、大坂夏の陣の時、淀君の念持仏とされる仏像を持ち帰ったもので、胎内納経の奥書から文永7年(1270年)の作といわれています。

20110617_1896785.jpg

石田三成念持仏

IMG_1298 B

IMG_1297 B

IMG_1299 B


また、当寺は、朝鮮通信使節団高官の彦根での宿泊所であったことでも知られています。
総本山を京都の知恩院、直接の本山を京都百萬遍知恩寺とする浄土宗の寺院で、徳川家が浄土宗であったことから、江戸時代は彦根藩における徳川家康公位牌奉安所とされました。

墓所には大坂夏の陣で、井伊直孝勢に討ち取られた豊臣家の家臣・木村重成の首塚があります。

20110617_1896770.jpg

20110617_1896771.jpg

IMG_1279 C

IMG_1280 B

木村 重成(きむら しげなり)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将。一説には木村重茲(しげこれ)の子とも言われている。母、宮内卿局(一説には右京大夫局とも)は豊臣秀頼の乳母となり、重成自身も幼少から秀頼の小姓として育ち、秀頼にとってはほとんど唯一の幼馴染であった。
重成は秀頼の信頼が厚く、元服すると豊臣家の重臣となり重要な会議などにも出席するようになる。豊臣家と徳川家康との関係が険悪になると、大野治長・渡辺糺らと共に開戦を主張し、片桐且元を大坂城から追い出すのに一役買っている。慶長20年(1615年)1月7日、大蔵卿局の姪の青柳を妻に迎える。同年5月、大坂夏の陣が勃発すると豊臣軍の主力として長宗我部盛親とともに八尾・若江(東大阪市南部)方面に出陣し、八尾方面には長宗我部盛親、若江方面には重成が展開し、藤堂高虎、井伊直孝の両軍と対峙した(八尾・若江の戦い)。藤堂軍の右翼を破った重成は、散開していた兵を収拾し、昼食を取らせると敵の来襲を待ち構えた。また、婚姻して5ヶ月の青柳と別れの盃を交わした。
この時、家臣が「兵は疲れており再度戦えば敗北は必至」と諌めたが、重成は「この程度の勝利はものの数ではない」と一蹴し、戦闘に入った。重成は家臣達の諌めも聞かず、敵陣へと突撃を開始。しかし井伊軍と激戦の末、戦死する。享年23[要出典]。徳川家家臣の安藤重勝が井伊家家臣より首を譲り受け、家康の首実検に供している。その首級が家康に届けられると頭髪に香が焚きこめてあったのでその覚悟を感嘆させたという逸話がのこっている。(Wikipediaより抜粋)

白砂を敷き詰めた庭園

20110617_1896790.jpg

20110617_1896760.jpg

20110617_1896756.jpg

街中にあるお寺ですので、食事や買い物がてらに拝観できます。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

美しい庭園ですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.09/19 01:07分 
  • [編集]

NoTitle 

史跡やゆかりの地は
数多く残ってる物なんですね
自分が生きた証もこうして残ったりすると
嬉しいかも!
残せないか・・・
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.09/19 05:15分 
  • [編集]

彦根の宗安寺! 

彦根の宋安寺には一度参拝見学していますが、
木村重成公首塚や新しい駒札ができている「血染めのススキ」も見事な撮影ですね!感嘆!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.09/19 06:56分 
  • [編集]

NoTitle 

夢京橋キャッスルロードは
ちょっと整備され過ぎというか
完全に観光地になりましたね。

彦根は商店街が多く
そぞろ歩きが楽しいですね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.09/19 15:17分 
  • [編集]

こんばんは。 

 佐和山城の表門、かっこよいです。大垣城は見ただけで中に入りませんでした。
 奥の細道の最後の都市という事が気になって街を散策しました。
  • posted by Minoru 
  • URL 
  • 2016.09/19 20:03分 
  • [編集]

NoTitle 

こんばんは。秋の長雨、なうです(´ω`*)

このお庭。秋には紅葉でとてもキレイに映えそうですねw 今日ともいいけど、滋賀県の紅葉もいいかもと思いました!!
  • posted by にっしー 
  • URL 
  • 2016.09/19 20:31分 
  • [編集]

こんばんは 

こんばんは。
三つ葉葵の紋ですね。
これも凄い鬼瓦です。
本当に芸術品だと思いますよ。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:34分 
  • [編集]

シネマ大好き娘さんへ 

日本庭園は良いですねe-266

やはり落ち着くところです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:38分 
  • [編集]

せいパパさんへ 

自分の記録として、こうしてブログに残すことも、生きた証になると思いますよ!
せいパパさんは、ご家族のこともたくさん綴られているし、宝物になるでしょう。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:40分 
  • [編集]

四方さんへ 

今回が、二度目の参拝です。
こちらのお寺は、いろんな歴史的人物に関わっているので、今年だけでなく、また来年の大河ドラマにも使えそうです!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:43分 
  • [編集]

NoTitle 

夢京橋キャッスルロードは、たしかに観光課されていますね。

私は裏通りのお店や、商店街の庶民的なお店が好みです!

NoTitle 

彦根城だけでなく周りにもたくさんの歴史の
あとがあるのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:47分 
  • [編集]

Minoruさんへ 

こちらは、外の見学だけでも、いろんなものを見せていただけて有難いです。
その上、中を見学して、三成念持仏を見ることができて感激しました!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:49分 
  • [編集]

にっしーさんへ 

何年か前に、ブロ友さんに、滋賀の紅葉の名所に連れていっていただきました。
京都と同じくらいの賑わいでしたよ!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:54分 
  • [編集]

自転車親父さんへ 

地元のお寺には、鬼瓦を飾っているところがないと思うので、こういうのを見ると、珍しくてついつい撮影してしまいます。
こちらのも立派ですよね~
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:55分 
  • [編集]

みかん農家さんへ 

彦根といえば、真っ先に浮かぶのは、彦根城でしょうが、城下町散策も面白いです。
レンタサイクルも充実していますよ!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/19 21:57分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
28位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR